天気予報

27

22

みん経トピックス

調布にキッズ設備充実カフェ調布に大型古着専門店

調布・神代植物公園で「梅まつり」 ウメにまつわる講演会や展示も

調布・神代植物公園で「梅まつり」 ウメにまつわる講演会や展示も

見頃を迎えたうめ園(昨年の様子)

写真を拡大 地図を拡大

 都立神代植物公園(調布市深大寺元町5、TEL 042-483-2300)で現在、園内に咲くウメの案内やウメにちなんだ展示や講演などを行う「梅まつり」が開催されている。

神代植物公園所蔵「韻勝園梅譜」(いんしょうえんばいふ)模写帖の一部

 同園の「うめ園」には、古くから伝わる品種を中心に約70種180本のウメが植えられている。2月上旬から3月上旬に花盛りを迎えるのに合わせて、見どころを案内するガイドツアーが開かれる。2月14日は園芸係職員が「うめ園」をはじめとする園内を、28日は園長が見頃の「うめ園」を中心に巡る(各日11時~、当日先着30人)。2月26日・27日、3月1日はボランティアスタッフが「うめ園」と園内の見どころや見頃の植物を案内する(10時30分~、13時30分~、人数制限なし)。

 植物会館ロビーでは「韻勝園梅譜(いんしょうえんばいふ)展」を開催する。韻勝園梅譜とは、江戸時代の梅の育種家・春田久啓(はるた ひさとお)が屋敷の庭のウメを写生し解説文を添えてまとめたもの。同園が所蔵する模写帖の一部を特別公開しながら、パネルで解説する。

 「日本梅の会」副会長の加藤雍太郎(かとう やすたろう)さんによる講演会「ウメ ~鑑賞の歴史~」は2月21日、植物会館集会室で開かれる(13時30分から約2時間、先着50人、無料)。奈良時代に中国から伝わり万葉集など多くの歌で詠まれたウメについて、時代とともにさまざまな形で鑑賞されてきた歴史を紹介する。

 土曜・日曜・祝日は「うめ園」四阿(あずまや)で、温かい飲み物やお土産を販売する「梅見茶屋」を臨時出店する。

 広報担当者は「江戸園芸文化としてのウメにちなんだ内容の濃い催しを用意したので、紅白艶(あで)やかなウメをさまざまな視点で楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は9時30分~17時(最終入園は16時)。月曜休園。入園料は、一般=500円、65歳以上=250円、中学生=200円(都内在住在学の中学生は無料)、小学生以下無料。3月6日まで(ガイドツアーとうめ売店は荒天中止)。大温室は増築・改修工事に伴い今年春まで休館。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 調布市仙川に9月4日、食堂「BEET(ビート)」(調布市仙川町1、TEL 03-3308-8818)がオープンした。写真は、9月4日にオープンした「BEET」外観の様子
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング