買う

調布・主婦らが手作り「ふんどしパンツ」が人気に-「赤リラふん」2週間待ち

特に人気が高い「赤リラふん」(2,300円)

特に人気が高い「赤リラふん」(2,300円)

  • 0

  •  

 調布市深大寺近くのハワイアンロミロミサロン「リラックスハウスnecoron」(調布市深大寺東町4)で製造販売する「ふんどしパンツ『relafun』」が現在、口コミなどで広がり、納品まで2週間待ちとなるなど人気を集めている。

「ふんどしパンツ」を作るスタッフの様子

 女性用の「ふんどし」として、同サロンオーナーの配川このみさんを中心に約5人の主婦らが集まり、2012年夏からネット販売している同商品。生地には二重織りガーゼを使用し、おなかと背中の部分にのみゴムを使う。脚の付け根のリンパ部分に当たる布の始末にはロックミシンなどを使わず、一度ダブルガーゼの両端を解いて中に挟み込んで縫う。スタッフ4人が手分けし、1枚を1時間以上かけて作り上げる。価格は女性用(1,480円~)、男性用(1,600円~)、子ども用(1,260円~)。

[広告]

 特に人気が高い「赤リラふん」(2,300円)は、「スラブダブルガーゼナチュラルワッシャー」という柔らかい生地を使用。色落ちや縮みを最小限に抑えるため、作業前に水洗いするなどさらに手間暇をかけている。先月ごろから同商品の注文が増え、2週間待ちの状態が続いているという。

 配川さんは「日本の伝統文化である『ふんどし』は通気性が高く、雑菌の繁殖を防ぎ、体内産熱を高める優れもの。赤というカラーエネルギーが体に元気を与えるという話は中高年の方の間でも定番だが、それに加え、一度履くとやみつきになる『relafun』の心地よさと相まってリピーターも増えている。パンツ感覚で履くことができるので、女性だけではなく、ご家族で愛用してほしい」と話す。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース