食べる

狛江にハワイアンパンケーキ店-アットホームな店目指し「いい夫婦」の日にオープン

ハワイアンパンケーキ「Haupia」850円、「パイナップルワイン」(グラス500円)

ハワイアンパンケーキ「Haupia」850円、「パイナップルワイン」(グラス500円)

  •  

 狛江駅近くに11月22日、ハワイアンパンケーキ&バー「OHANA(オハナ)」(狛江市東和泉1、TEL 03-5497-1618)がオープンした。

ハワイアンパンケーキ&バー「OHANA」外観の様子

 同市在住の店主・岸厳一郎さんが、本場ハワイアンパンケーキを味わえるようにと脱サラし、東京23区から近い立地を生かし、地元狛江に開いた。店舗面積は約10坪で、テーブル席10席、カウンター席7席を用意。常にハワイアンミュージックが流れている店内は、バーの時間帯でも女性が入りやすいようにと白を基調とし、ほとんどが手作りで施された温かみあるハワイ調の空間に仕上げた。

[広告]

 メーンメニューの「パンケーキ」(850円)は、シンプルなパンケーキ「Classico(クラシコ)」、バナナ入りの生地に自家製ココナツソースをかける「Haupia(ハウピア)」、チョコレートソースとバナナの上にチョコレートチップをのせる「Choco Banana(チョコバナナ)」、ブルーベリーソースとブルーベリーをのせる「Bulueberry(ブルーベリー)」の4種類を用意。「アサイボール」(Sサイズ=320円、Mサイズ=650円)や「エッグベネディクト」(1,000円)など約8種類のフードメニューも提供する。

 4種類の「アイスティー」(350円)は日替わりでブルーベリー、ストロベリー、ピーチ、アップル味を用意するほか、アルコールは、ハワイビール瓶(680円)やラム酒(800円)、「パイナップルワイン」(500円)などを提供。日中からアルコールを提供するため、ランチにパンケーキとアルコールを楽しむ女性客が増えているという。

 岸さんは「店の名前である『OHANA』は家族という意味で、アットホームな店を心掛けている。昼でも夜でも酒を飲んでいる大人の横で子どもが遊んでいるような、そんな家庭感のある店を目指したい。そういう意味を込めオープン日は『OHANA』(家族)にかけて11月22日の『いい夫婦』の日にオープンした。本場のハワイの味を子どもから大人まで味わってほしい」と話す。

 営業時間は11時30分~24時(バーは19時~)。木曜定休。