レンタサイクルで武蔵野エリア回遊-調布駅など拠点に実証プログラム

武蔵野地域を回遊するイベント「ここが東京?!森(しん)発見プロジェクト」

武蔵野地域を回遊するイベント「ここが東京?!森(しん)発見プロジェクト」

  • 0

  •  

 京王線調布駅、JR中央線武蔵境駅、東小金井駅近くで3月1日から、コミュニティーサイクル「Suicle」(スイクル)を無料で貸し出し、武蔵野地域を回遊するイベント「ここが東京?!森(しん)発見プロジェクト」が開催される。

 東京都の地域資源発掘型実証プログラム事業の取り組みとして実施される同企画。「Suicle」は昨年秋にJR中央線高架下にオープンしたレンタサイクルで、同イベントの参加者には無料で貸し出す。調布では調布駅南口広場に仮設ポートを設けてレンタサイクルを実施。レンタサイクルは同16日までで、3カ所のポートで貸し出し、いずれの場所にも返却できる。

[広告]

 併せて、無料ガイドツアーや連携イベント「第4回 森の地図・スタンプラリー」も開催。無料ガイドツアーはお薦めのコースをガイド付きで巡る「自転車散歩企画」。自転車ならではのスポットをちりばめた手作りツアーで、コースは3コースを予定。それぞれ「ピクニックランチ」付きで、深大寺や神代植物公園、野川周辺、国立天文台などをのんびり回遊する。スタンプラリーは4月6日まで開催し、調布市、小金井市、三鷹市、武蔵野市、府中市を対象に都立小金井公園、都立武蔵野公園、JAXA調布航空宇宙センター、三鷹の森ジブリ美術館など12カ所のラリーポイントを設置。うち8カ所のスタンプを集めた人にオリジナルグッズを進呈する。

 調布市観光協会の松壽さんは「乗り捨て型のレンタサイクルの利便性を体感しながら、武蔵野地域の観光スポットを気軽に巡ってほしい」と利用を呼び掛ける。

 開催は16日まで(レンタサイクル無料期間)。レンタサイクル貸出時間は9時30分~17時(返却のみ18時まで)。ガイドツアー開催日は3月1日・8日・15日。各回定員約10人。武蔵野コッツウォルズホームページで申し込みを受け付けている。電話申し込みは同協会(TEL 042-481-7183)まで。

  • はてなブックマークに追加