食べる 買う

調布・柴崎に「手紙社」プロデュースの書店&カフェ 自家焙煎コーヒーも

4月1日にオープンした書店&カフェ「本とコーヒー tegamisha」

4月1日にオープンした書店&カフェ「本とコーヒー tegamisha」

  • 0

  •  

 調布市柴崎に編集集団「手紙社」(調布市西つつじヶ丘4)が4月1日、書店&カフェ「本とコーヒー tegamisha」(調布市菊野台1、 TEL 042-440-3477)をオープンした。

店舗奥に設置された焙煎機

 2013年にオープンした、雑貨・喫茶の店「手紙舎 2nd STORY(セカンド・ストーリー)」の1階にオープンした同店。「自分たちでセレクトした本を読んでもらいながら、自分たちで焙煎(ばいせん)したコーヒーを味わってもらいたい」という思いを実現する形でオープン。スタッフが1タイトルごとにセレクトした書籍と手紙社ならではの紙雑貨を販売しながら、店舗奥に設置した焙煎機を使った自家焙煎コーヒーを提供するカフェとしても営業する。

[広告]

 面積は約34坪で、席数はカウンタ-5席、テーブル席10席。メニューは日替わりの自家焙煎コーヒー「本日のコーヒー」(450円)のほか、店内で落とす「水出しアイスコーヒー」(550円)、「本日のジュース」(650円)、「ハートランドビール」(グラス=600円、ジョッキ=700円)。「ハヤシライス」(800円)や手作りの「本日のケーキ」(500円~)などを用意する。

 書籍は常時300~400種類を用意し、店内にない本は取り寄せもできるほか、通常書店では並ばない「zine(ジン)」と呼ばれる自費出版本も約150種類用意する。

 同社の渡辺洋子さんは「遠くから足を運んでも、ここに来たら何かに出合えると思える場所でありながら、地元の方がふらりと立ち寄れる昔ながらの町の商店としても利用してほしい。ボリュームでは大型店にはかなわないが、手紙社だからこその『熱』を感じてほしい」と話す。

 営業時間は12時~21時。月曜・火曜定休。火曜は不定期でフードコーディネーター「wato kitchen」によるカフェを営業する。

  • はてなブックマークに追加