調布・ブリーダー直販子犬情報サイトが動物保護活動 クラウドファンディングで

動物保護の活動に向けて支援を募るクラウドファンディングサイト「Makuake」

動物保護の活動に向けて支援を募るクラウドファンディングサイト「Makuake」

  • 0

  •  

 調布市のウェブサイト運営会社TOMOTOMO(調布市上石原1)が現在、動物保護の活動に向けてクラウドファンディングサイトで支援を募っている。

ブリーダーから直接子犬の紹介を受けることができるポータルサイト「ブリーダーズナビ」

 昨年2月に設立した同社は、ブリーダーから直接子犬の紹介を受けることができるポータルサイト「ブリーダーズナビ」を運営。ペットショップを介さず、チワワやトイプードル、シバイヌ、ダックスフント、ポメラニアン、テリアなど80以上の犬種のブリーダーからの直販を行い、ブリーダーから責任を持って子犬を購入してもらうことで動物保護の活動に貢献することを目指している。さらに貢献できる仕組みを構築したいと今回、クラウドファンディングを開始した。

[広告]

 同ファンドでは、「アフィリエイト」の設置費や同ポータルサイトのリニューアル、運営維持のための支援を募り、広告収入の一部利益を動物愛護団体へ寄付していく。支援金は1,000円~2万円の5コースを用意し、目標金額は35万円。目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立となる「All in方式」を利用し、支援者にはポストカードやペットフードなどの特典を用意する。

 同社代表の住 友宏さんは「ぶりなびサイトを通じて、ブリーダー直販で家族となる子犬と出会う機会を提供しつつ、動物愛護団体に寄付を行い、動物保護活動に少しでも貢献していきたい」と支援を呼び掛けている。

 申し込み締め切りは7月30日。

  • はてなブックマークに追加