見る・遊ぶ

調布市の花火大会、有料席販売開始へ イス席増設、計1万8000席を用意

第4回映画のまち調布“夏”花火 フォトコンテスト特別賞「それぞれの花火」本田誠さん

第4回映画のまち調布“夏”花火 フォトコンテスト特別賞「それぞれの花火」本田誠さん

  •  

 調布市で8月21日に開催予定の花火大会「映画のまち調布『夏』花火2016」の有料席一般販売が6月29日から始まる。

第4回映画のまち調布“夏”花火 フォトコンテスト特別賞「追悼の一輪」伊藤大地さん

 有料席は3会場で合わせて約1万8000席を用意する。布田会場の土手上部には「テーブルS」(4人=2万円)と「布田イスS」(1人=4,000円)、土手下部には「テーブルA」(4人=1万8,000円)、「ペアイス」(2人=8,000円)、「布田イスA」(1人=3,000円)、「シート」(4人=1万円)、「布田升」(10人=4万5,000円)をそれぞれ用意。京王多摩川会場は、「多摩川升」(10人=4万円)と「多摩川イスS」(1人=3,000円)、「多摩川イスA」(1人=2,500円)、電通大グラウンド会場には「映画のまち調布シート」(1人=2,000円)を用意する。

[広告]

 例年、早くに完売するという「ペアイス」は、席と席の間に余裕があるゆったりとした配置が特長。「映画のまち調布シート」は、90センチ四方の「映画のまち調布」と「花火」のコラボデザインシートを当日受け取り、指定会場内で自由に設置できる。京王多摩川会場は今回、イス席を増設し、約1400席を用意する。

 調布市花火実行委員会の照沼さんは「有料席は打ち上げ場所から近い場所にあるため、きれいな花火を間近で楽しみことができ、場所取りの心配もない。夏の風物詩である花火をご家族、ご友人、恋人と一緒にくつろぎながらご覧いただきたい。協賛の募集もしているので、ぜひご協力いただければ」と話す。

 席の位置や購入方法などは同大会ホームページで確認できる。