見る・遊ぶ 暮らす・働く

よみうりランドでハロウィーン企画 タツノコプロとコラボ、園内初のプロジェクションマッピングも

初となるプロジェクションマッピングと着ぐるみのモンスターが共演する新感覚のショーアトラクション「飛びだす!マッピング~モンスターからの贈りモノ~」

初となるプロジェクションマッピングと着ぐるみのモンスターが共演する新感覚のショーアトラクション「飛びだす!マッピング~モンスターからの贈りモノ~」

  •  
  •  

 よみうりランド(稲城市矢野口)が現在、秋のスペシャルイベント「Yomiuriland Halloween2016」を開催している。

モンスターと園内をパレード

 期間中、タツノコプロがプロデュースする7体のモンスターをキービジュアルに、秋の園内をハロウィーンの雰囲気で盛り上げる同イベント。「太陽の広場」ステージで開催する同園初となるプロジェクションマッピングと着ぐるみのモンスターが共演する新感覚のショーアトラクション「飛びだす!マッピング~モンスターからの贈りモノ~」を中心に、さまざまな企画を展開する。

[広告]

 常設のお化け屋敷「ひゅ~どろ」は、同モンスターたちを登場させ、「ハロウィンホラーハウス ヒュ~ドロ」としてリニューアル。10月下旬の土曜・日曜は子どもたちに衣装を貸し出し、モンスターと園内をパレードしながらお菓子を配る「ハロウィンキッズパレード」を開催するほか、ハロウィーンの仮装をした来場者は入園料無料やワンデーパスが割引になる「ハロウィン仮装キャンペーン」を用意するなど、来場者を巻き込み一体感を高める。

 会期中の10月1日・2日は、宮城県気仙沼産のサンマ合計1000匹のしちりん炭火焼きを山形県産のブランド米「つや姫」のおにぎりとともに振る舞う「東北生さんま祭り」を開催。1人100円以上の参加費は、全て東日本大震災の義援金として寄付される。

 同企画・宣伝部の奥谷祐さんは「9月17日より開催中の「飛びだす!マッピング」はお客さまから大好評。今年も遊園地全体でハロウィーンを盛り上げていくので、よみうりランドならではのハロウィーンをどうぞお楽しみいただきたい」と話す。

 「東北生さんま祭り」は開園時間から各日先着500人に整理券を配布。「ハロウィンキッズパレード」開催は10月22日・23日・29日・30日の13時と15時30分。3歳から9歳まで。定員50人。「ハロウィン仮装キャンペーン」開催は10月14日~30日の金曜・土曜・日曜・祝日と10月31日の10日間。ハロウィーンアイテム2点以上着用で入園料が無料になるほか「ワンデーパス」が3,300円、「ナイトパス」が2,000円に割引。

  • はてなブックマークに追加