3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

調布・京王多摩川に競馬居酒屋 ファンの期待裏切らない演出随所に

壁面には競馬新聞誌面の拡大版をプリント、テーブル席のベンチは競馬場と同様のものを採用

壁面には競馬新聞誌面の拡大版をプリント、テーブル席のベンチは競馬場と同様のものを採用

  • 0

  •  

 調布市の京王多摩川駅エリアに9月18日、競馬居酒屋「さんかん」(調布市多摩川5、TEL 042-455-4142)が移転しリニューアルオープンした。

最終直線を再現したジオラマがのぞけるカウンターテーブル。「ハートランド」生ビール(480円)

 競馬好きの店主・樋口敦さんが約4年前に布田の「仲町通り」に自身の趣向を強く押し出した同店をオープン。競馬ファンを中心に人気店だったものの、同通りの拡張工事計画を受け、樋口さんの地元、京王多摩川への移転を決めた。

[広告]

 新店舗は建物の地下フロアで店舗面積約14坪。カウンター席8席、テーブル席10席。「競馬好きに笑ってもらえれば」と、入り口の扉の中にさらに「スターティングゲート」をイメージさせる格子扉を設置し、入店時に「出走前」の期待感を演出。店内の壁面には競馬新聞誌面の拡大版をプリント、テーブル席のベンチは競馬場と同様のものを採用するほか、人工芝のコーナーも用意するなど以前より臨場感が増している。8色のカラフルなスツールが「枠順」に並ぶカウンターは、ガラスの天板の中にレース最終直線を再現したジオラマを展示。細部までファンの期待を裏切らない演出を随所に施し、競馬ファン以外の目も楽しませる内装に完成した。

 メニューは「手羽先揚げ」(480円)、「ホルモン野菜」(520円)、「牛スジ煮」(580円)、「あじフライ」(420円)など、飲食店経歴の長い樋口さんが豊富なレパートリーから「場外」の居酒屋をイメージさせる大衆的な料理を提供する。ドリンクは「ハートランド」生ビール(480円)、「ハイネケン エクストラコールド 小瓶」(580円)、日本酒は「一ノ蔵」(580円)、「大七」(680円)、「吉野川 冷生」(880円)、サワー各種(390円)、焼酎各種(480円~)、ワイン各種(480円~)、ウイスキー各種(390円~)など。

 樋口さんは「自分が楽しいことをして、同じ感覚の人が集まってくれたら、と始めた店。ダーツスペースもあるので、競馬好きに限らず、地域の人にも楽しんでほしい。競馬場で飲む雰囲気を味わってもらえれば」と話す。

 営業時間は18時~24時。

Stay at Home