学ぶ・知る

調布市、新型コロナウイルスワクチン接種の体制発表 調布駅前に特設会場設置

ワクチン接種の特設会場が設置される調布駅前広場

ワクチン接種の特設会場が設置される調布駅前広場

  • 230

  •  

 調布市の新型コロナウイルスワクチン接種体制が発表された。

調布駅前広場に設置する、ワクチン接種特設会場での接種イメージ。非接種者が座ったままで接種から副反応確認までできる体制を構築

 接種は医療機関か市が設置する特設会場で行い、特設会場は調布駅前広場に仮設プレハブを設置するとしているほか、高齢者施設に入所する人に対しては、かかりつけ医などにより同施設での接種も行う。接種状況により、保健センターや地域福祉センター、小学校の臨時使用も検討。接種は無料。優先順位は医療従事者、高齢者、基礎疾患を有する人、高齢者施設等への従事者。

[広告]

 接種を行う医療機関は約90施設で週に3000回の接種、調布駅前の特設会場でも週に3000回の接種を想定している。特設会場では1日6時間、毎日受け付ける予定。予診、接種、待機(副反応確認)が同じ場所で座ったままで行える、市独自の接種方式で行えるように設営する。

 接種対象は原則、調布市を住民票所在地としている人で、接種券が郵送で送付される。16歳未満は対象外。予約は、医療機関での接種の場合は直接希望する医療機関へ申し込む。特設会場での接種を希望する場合には市が3月上旬に設置予定のコールセンターに電話か、インターネットで申し込む。

 調布市医師会の西田伸一会長は「集団免疫力をアップし、感染症自体を収束に向かわせるために行うもの。従って、一人でも多くの市民の皆さまに受けていただくことが必要。重い副反応が起こる頻度は、現在までの報告では他の予防接種と差はない」とメッセージを寄せている。長友貴樹市長は「国や都の動向を的確に把握しながら、市民の皆さまにできる限り早期に、かつ、安全に安心してワクチンを接種していただけるよう、引き続き、調布市医師会をはじめとする関係機関との協力・連携の下、万全の体制で準備を進めていく」と話す。

※当記事は「調布地域メディア連携プロジェクト」の一環として配信しています。

  • はてなブックマークに追加