見る・遊ぶ

府中のプラネタリウムで「チコちゃん」にしかられる 夏番組投映、「クレしん」も

映像番組「プラネタリウムでチコちゃんに叱られる! チコとキョエの宇宙大冒険! 無知との遭遇」制作=NHKエンタープライズ/共同テレビジョン、製作・配給=五藤光学研究所、「チコちゃんに叱られる!」©NHK

映像番組「プラネタリウムでチコちゃんに叱られる! チコとキョエの宇宙大冒険! 無知との遭遇」制作=NHKエンタープライズ/共同テレビジョン、製作・配給=五藤光学研究所、「チコちゃんに叱られる!」©NHK

  • 61

  •  

 府中市郷土の森博物館(府中市南町6、TEL 042-368-7921)プラネタリウムは7月18日から毎日、3本の夏番組を投映する。

生解説プラネタリウム「今夜の星空と宇宙人…!?」

[広告]

 同館は現在、施設改修工事によりプラネタリウム投映を日曜しか行っていないが、学校が夏休みになる期間は来館者が増えるため休館日を除く毎日、投映を行う。

 今回投映する番組のうち一本は「今夜の星空解説+映像番組『プラネタリウムでチコちゃんに叱(しか)られる! チコとキョエの宇宙大冒険! 無知との遭遇』」。制作したのは市内にあるプラネタリウムメーカーの五藤光学研究所(府中市矢崎町4)。監修は国立天文台(三鷹市大沢2)の縣(あがた)秀彦さん。NHKの人気番組で知られる「永遠の5歳児」チコちゃんが、宇宙に関する素朴な疑問を解き明かしていく。決めぜりふ「ボーっと生きてんじゃねーよ!」も「大迫力で」飛び出す。

 2本目は同館のオリジナル番組「生解説プラネタリウム『今夜の星空と宇宙人…!?』」。「宇宙人」をキーワードに、知的生命体を探す研究の紹介や宇宙人がいるとすればどのようなところにいるか同館スタッフが生解説する。プラネタリウム横の天文展示コーナーで「宇宙人のイラスト」を募集し、展示している。作品の一部は番組にも登場する。

 3本目は人気アニメの主人公が活躍する「今夜の星空解説+映像番組『クレヨンしんちゃん 星空と学校の七不思議だゾ!』」。学校の天体観望会に参加したしんのすけが屋上で星空を楽しんでいると、音楽室からピアノの音がする。一緒に星を見ていた生徒たちは「学校の七不思議」だと言うが、正体は何なのか。幼い子どもでも楽しめる番組。

 プラネタリウム解説員は「チコちゃんやしんちゃんと楽しみながら宇宙のことを学べるので、夏休みの子どもにとって自由研究のきっかけになるかも。大人もチコちゃんに叱られないよう学び直すチャンス」と話す。「博物館各所で新型コロナウイルス感染症対策を徹底している。お客さまにもマスク着用や検温などで協力いただき、皆さんが安心してプラネタリウムを楽しめるよう心掛けている」とも。

 投影時間は約45分で、定員は100人。プラネタリウム観覧料は、大人=600円、中学生以下=300円、4歳未満無料(博物館入場料が別途必要)。夏番組の投映は8月29日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース