「調布市花火大会」今年の開催日が決定-尺玉花火復活も検討へ

昨年打ち上げられた「調布市花火大会」の花火の様子

昨年打ち上げられた「調布市花火大会」の花火の様子

  •  
  •  

 調布市花火大会の実行委員会が4月16日に発会式を行い、「第29回調布市花火大会」の開催予定日を7月24日(荒天時には25日に順延)に決定した。

 関東でも有数の規模で知られる同大会は、例年、多摩川河川敷でメーン会場「布田会場」と上流に位置する「多摩川会場」の2カ所から70分間、仕掛け花火やコンピュータ制御で音楽に合わせて打ち上げる「ハナビリュージョン」など1万2,000発を打ち上げている。

[広告]

 昨年はNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」にちなみ「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターをかたどった花火も打ち上げられ、観客35万人が来場した。今年は2007年度まで打ち上げていた尺玉花火の復活も検討し、例年と同じ1万2,000発を予定している。

 開催時間は19時20分~20時30分。

  • はてなブックマークに追加