3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

調布・味スタで調布青年会議所が炊き出し-原発避難者へ

味の素スタジアムに滞在する避難者へ温かいうどんとおにぎりを支給する調布青年会議所メンバー

味の素スタジアムに滞在する避難者へ温かいうどんとおにぎりを支給する調布青年会議所メンバー

  • 0

  •  

 調布青年会議所が3月23日、味の素スタジアム(調布市西町376)に滞在する避難者への炊き出しを行った。

 同スタジアムは17日から福島原発による避難者の受け入れを開始し、現在約200人が滞在しているが、津波による被害に遭い所持金もあまりない中、食事は各自で手配しなければならない状況が続いていた。地元の飛田給自治会が21日に炊き出しを行い、23日からは夕食のみ弁当が支給されるようになったが、朝と昼は引き続き支給がなく、同会議所が今回の炊き出しを行った。

[広告]

 炊き出しは約30人の同会議所メンバーで12時から行われ、うどんとおにぎりを支給した。福島県双葉郡から4歳の子どもを含め家族7人で18日に避難してきた61歳の男性は「温かいものが食べられ本当にありがたい。ただ、ここに滞在できるのは4月中頃までと聞いているので、その前に避難勧告が解除されなければ行くところがない」と、感謝と同時に不安な心境を明かす。

 24日は、むさし府中青年会議所がカレーライスの炊き出しを行い、その後も地域の団体が交代で行う予定。同スタジアムでは災害ボランティアセンターを設置し、自転車の貸し出しを始めたほか、温泉無料サービスも行っている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home