食べる 買う

調布・仙川に「ミシンカフェ」-洋裁道具完備、プロのアドバイスも

洋裁道具を完備し、プロのアドバイスも受けられるミシンカフェ「Nico(ニコ)」。運営者の中嶌ユキさんと母の君子さん

洋裁道具を完備し、プロのアドバイスも受けられるミシンカフェ「Nico(ニコ)」。運営者の中嶌ユキさんと母の君子さん

  •  
  •  

 調布・仙川駅近くに9月25日、「ミシンカフェ&ラウンジ nico(ニコ)」(世田谷区上祖師谷7、TEL 03-6279-6987)がオープンした。

「Nico(ニコ)」の店内。通園グッズの製作依頼や、帽子・洋服のセミオーダーメイドも歓迎(関連画像)

 「ベーカリー&カフェ pan no me(パンノメ)」(仙川町1)のスタッフだった中嶌ユキさんが運営する同店。ミシンメーカーで洋裁アドバイザーを務めるユキさんの母親、中嶌君子さんも同店の運営を支える。飲食店でありながら、本格的な一般洋裁・ニットソーイング・小物類の製作を、プロのアドバイスを受けながら楽しめるのが特徴。

[広告]

 店舗面積は10.98坪。席数はカウンター4席を含む16席。カフェスペースとミシンスペースは分けられており、ミシンスペースには裁断台(80センチ×120センチ)、ミシン(5台)、ロックミシン(2台)、カバーロック、すくいミシン、ニードルミシンを常備。洋裁用のボディーは大人用9号(2台)、子ども用120センチ(1台)をそろえ、アイロンも貸し出す。テープメーカー、グルーガン、ハトメの他に糸やボタンなどの消耗品も用意し、店内には全身鏡とフィッティングルームも完備する。

 ユキさんは「裾上げやTシャツのリメークは、初心者でも1時間あればハンドメードで簡単にできる。親子で着られるおそろいの洋服作りもおすすめ。『こんなものを作りたい』という相談はどんどんしてほしい。制作する時間の無い方の通園グッズの製作依頼や、帽子・洋服のセミオーダーメードも歓迎」と話す。

 毎月25日は「ニコの日」とし、同店のミシンコーナーを無料で体験できるイベントを行う。10月25日は親子でハロウィーングッズを作るイベントを予定。今後は不定期に行う洋裁ワークショップも開いていく。

 カフェスペースでは、朝11時まではモーニングセット(400円)、11時~14時30分まではドリンクとミニサラダ付きの日替わりランチセット(700円~)を提供する。毎日用意する「ハーブ&ココナツカレー」(700円)は、ランチタイムだけで毎日120食を完売する移動販売のカレー店「シャンティーカレー」のカレールウを使い、ユキさんが具材をアレンジして提供する。

 ドリンクメニューは、コーヒー、紅茶、ミントティー、ジンジャーエール(各300円)や、クリームソーダとコーヒーフロート(アイスなし=各300円、アイスあり=各400円)を用意。アルコールは、コロナビールやサングリア(各500円)などを用意。

 ユキさんは「いつか洋裁の得意な母とミシンのあるカフェラウンジを開きたいと思っていた。店内の雰囲気はレトロな雰囲気で統一し、カフェとしても居心地よく過ごせる。今後スモッキング・ミシンなど珍しいものも持ってくる予定」と話す。

 営業時間は10時~21時(月曜は16時まで)。ミシンスペースの料金は利用方法に合わせた3種類のプラン(価格は全て年内までのオープニング価格)を用意する。1時間の料金は、基本プラン=500円、アドバイスを受けながら作るプラン=800円、アドバイスをマンツーマンで受けながら作るプラン=2,000円。基本プラン以外では、店内の糸や伸び止めテープなど、各種消耗品が無料で利用できる特典が付く。君子さんのアドバイスを受けて作りたい場合は、スケジュールの問い合わせが必要。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home