フォトフラッシュ

4次元デジタル宇宙(4D2U)を行き交う大勢の来場者。(昨年の様子)© 国立天文台

「国立天文台」「アストロバイオロジーセンター」「東京大学天文学教育研究センター」「総合研究大学院大学天文科学専攻」(三鷹市大沢2)で10月13日(プレ公開)・14日(本公開)、キャンパス内のさまざまな施設を公開して最新天文学を紹介する「三鷹・星と宇宙の日2017」が開催される。写真は、4次元デジタル宇宙(4D2U)を行き交う大勢の来場者。(昨年の様子)© 国立天文台 次の画像へ

  •  

「国立天文台」「アストロバイオロジーセンター」「東京大学天文学教育研究センター」「総合研究大学院大学天文科学専攻」(三鷹市大沢2)で10月13日(プレ公開)・14日(本公開)、キャンパス内のさまざまな施設を公開して最新天文学を紹介する「三鷹・星と宇宙の日2017」が開催される。