3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

CSPセントラル警備保障の自律移動型警備ロボット向けAI物体検出システム受託開発のお知らせ

リリース発行企業:グローバルウォーカーズ株式会社

情報提供:

機械学習・画像処理技術を駆使したシステムの研究・開発とAI教師データ作成プラットフォームの運営を行うグローバルウォーカーズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森川和正)は、弊社のAI技術とセントラル警備保障株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役執行役員社長:澤本尚志、以下CSP)のノウハウを組み合わせ、自律移動する警備ロボット(以下、本警備ロボット)向けのAI物体検出システムを受託開発したことをお知らせいたします。


■ CSP警備ロボット向けAI物体検出システムの概要

本警備ロボットは、警備員では難しかった長時間の巡回警備業務が可能になり、警備員の業務の負担や、人件費の削減が期待できます。高性能な演算能力を持つ小型AIコンピュータ「NVIDIA Jetson AGX Xavier」を搭載しており、公共施設やオフィス等の人々が行き交うような混雑した場所においても、白杖や刃物を高精度かつ即座に検出することが可能となっております。
自律移動型警備ロボット


■ AI物体検出システムについて

弊社は長年に渡るAI研究開発のノウハウをもとに、教師データ作成、AIモデル開発からシステムの実運用までをワンストップで支援する「AI Solution」をご提供しております。この度は、本警備ロボットの主機能の一つである、カメラ映像から物体を検出するAI物体検出システムを受託開発いたしました。

本警備ロボットに搭載した物体認識システムの認識例



【AI物体検出システムの特徴】

1. 独自のAIエンジンを搭載

最新のディープラーニング研究成果を含む複数のAIモデルを用いることで、高精細カメラ映像から対象物体を高精度に検出することを可能としております。また、長年の自動運転向け開発実績と知見を有する画像処理技術を融合させ、独自の高性能AIエンジンを開発し、本警備ロボットへの搭載を実現いたしました。

2. リアルタイムAIフレームワークの活用

グローバルウォーカーズ社保有のAIをリアルタイムで実行するフレームワークを活用することで、即座に人、物体を検出いたします。複数のモジュールの並列処理、C++やPythonなど複数の言語の活用が可能となっており、C++を用いることで画像処理の高速化を、Pythonを用いることでAIの開発効率向上を実現いたします。

3. Annotation Oneによる教師データ作成および運用

グローバルウォーカーズ社の教師データ作成サービス「Annotation One」により高品質な教師データを大量に作成し、学習を実施することで高性能なAIを実現いたしました。

■ 今後の運用について

本警備ロボットの機能検証をCSP主導のもと実施しております。弊社は、高品質な教師データの作成・運用を行うサービス「Annotation One」にて追加学習することで、随時精度向上を行っております。本警備ロボットのさらなる精度の向上をサポートして参ります。

教師データ作成・運用サービス「Annotation One」:http://annotation1.com/


■ 本件お問い合わせ

グローバルウォーカーズ株式会社 (担当:那須)
連絡先:sales@globalwalkers.co.jp
TEL:03-6417-9101


<会社情報>

社名:グローバルウォーカーズ株式会社
代表者 : 代表取締役社長 森川 和正
本社 : 東京都品川区西五反田2-25-2 飯嶋ビル5階
WEB:https://www.globalwalkers.co.jp
設立 : 2016 年 6 月 1 日

事業内容 :
AI(深層学習/機械学習)を核としたソリューション事業
AI教師データ作成・運用プラットフォーム「Annotation One」
AI-OCRとHuman Resourceの組み合わせによる100%精度の文書書き起こしサービス「Documentation One」

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home