食べる

ホルモン「い志井」系列店で夏限定「黒糖かき氷」-「濃厚で滑らかな氷」好評

黒糖とミルクを溶かしたものを凍らせて作るのが特徴の「黒糖かき氷」

黒糖とミルクを溶かしたものを凍らせて作るのが特徴の「黒糖かき氷」

  •  
  •  

 ホルモン「い志井」が運営する洋食店「クリスマス亭」(調布市上石原1、TEL 042-485-1014)と「カフェ バーンズ」(調布市布田1、TEL 042-487-1735)で7月2日、「黒糖かき氷」の提供が始まり、独特の食感がおいしいと評判になっている。

カフェ バーンズ外観の様子

 両店で提供する「黒糖かき氷」は黒糖とミルクを溶かしたものを凍らせて作るのが特徴。毎日営業開始時に製造し、固まらないように、30分おきにかき回す手間をかけている。溶けても薄まることのない濃厚さと滑らかな口溶けが好評で、「カフェ バーンズ」では毎年およそ700杯を提供しているという。値段は315円。

[広告]

 同カフェの店長の内田さんは「このかき氷を目当てに来店する方も多い人気スイーツ。まだの方はぜひ一度、召し上がってください」と話す。

 営業時間は、クリスマス亭=11時30分~23時、カフェ バーンズ=11時~23時。提供期間は9月上旬まで。

  • はてなブックマークに追加