見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

調布生まれの絵本作家・五味太郎さん、地元で企画展-サイン会やトークも

「きんぎょがにげた」福音館書店 1977年

「きんぎょがにげた」福音館書店 1977年

  • 0

  •  

 調布市文化会館たづくり(調布市小島町2、TEL 042-441-6150)で11月16日から、「五味太郎作品展[絵本の時間」スペシャル」が開催される。

調布市に生まれの絵本作家 五味太郎さん

 絵本作家の五味太郎さんは1945(昭和20)年、東京都調布市に生まれ。桑沢デザイン研究所ID科を卒業後、工業デザイン、エディトリアルデザインなどのデザイナーを経て、1973(昭和48)年に「みち」で絵本作家としてデビュー。現在までにおよそ350冊以上の著作を出版し、読者層は赤ちゃんから大人までと幅広く、海外のファンも多い。「たべたの だあれ」で第25回サンケイ児童出版文化賞、「仔牛の春」でボローニャ国際絵本原画展賞、「ときどきの少年」で第22回路傍の石文学賞など国内外で多数の受賞歴を持つ。また、文具や服飾のデザイン、エッセー出版、作詞など幅広く活躍。

[広告]

 五味さんが調布市生まれであることから実現した同展。絵本原画、国内外で出版された絵本を約200点展示するほか、「らくがき絵本」の拡大コーナーなども用意する。また、16日は五味さんの巡回展企画を担当したメディアリンクス・ジャパンとこどもの本WAVEの代表を務める穂積保さんによる「ギャラリートーク」も開かれ、五味作品の魅力について語る。12月25日には、五味さんが来場し、サイン会を予定する。

 主催者する調布市文化・コミュニティ振興財団たづくり事業課の稲葉さんは「五味さんの初期の作品に親しんだ子どもたちは親世代となっており、その子どもも五味さんの作品に親しんでいる。五味さんの作品には世代を越えて楽しむことができる魅力がある。ロングセラーを数多く発表している五味さんの魅力にぜひ触れてほしい」と話す。

 開催時間は10時~18時。11月25日・26日休館。入場無料。ギャラリートークは14時~15時。定員30人(当日先着順)。サイン会は14時30分~15時30分。定員150人(事前申込制)。問い合わせは、調布市文化・コミュニティ振興財団たづくり事業課(TEL 042-441-6150)まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース