食べる

調布出身の元幕内力士「皇風」がちゃんこ鍋店-力士の飲み方再現した「どんぶりビール」も

調布出身の元幕内力士「皇風」・直江俊司さん(中央)と調理と接客に当たる元力士の2人

調布出身の元幕内力士「皇風」・直江俊司さん(中央)と調理と接客に当たる元力士の2人

  •  

 調布に2月12日、「相撲めし 皇風(きみかぜ)ノ店」(調布市布田1、TEL 042-444-8223)がオープンする。

和風の内装に化粧まわしを飾る店内

 店主の直江俊司さんは調布出身の元幕内力士「皇風」。明治大学付属中野高校在学中に国体予選で個人優勝と団体優勝を果たし早稲田大学に進学。卒業後は尾車部屋に入門し、2011年7月場所で幕下全勝。77年ぶり史上2人目の早稲田大学出身の関取として当時話題となった。2012年3月場所では12勝3敗で十両優勝、2014年5月に引退した。

[広告]

 直江さんは「今まで自分の相撲を応援してくれた地元の方々へ相撲を通して恩返ししたい」と、ちゃんこ鍋店開業を決意。店内は相撲をイメージにした和風の内装に番付表や化粧まわしを飾り、直江さんと2人の元力士が調理と接客に当たる。

 店舗面積は約25坪。席数は、カウンター5席、座敷40席、テーブル席4席。テーブルごとに仕切りを置き、個室としても利用できる。メニューは、美桜鶏(みおうどり)を使い、独自に開発したスープで作る「ちゃんこ鍋」は、塩・しょうゆと豚肉入りのカレー味の3種類を用意。このほか、特製つくね焼き(580円)、卵4つを使う「相撲部屋の卵焼き」(600円)、「美桜鶏のステーキ 特製ソースがけ」(850円)、「仔牛(こうし)の舌 まるごと一本焼」(2800円)など。

 ドリンクメニューは、力士の気分を味わってもらおうと、実際の力士の飲み方を再現し、中生ジョッキ2杯半を丼に入れた「どんぶりビール」(1,200円)、「どんぶりハイボール」(980円)も。全国各地の日本酒を取りそろえるほか、月替わりでお薦めの日本酒も用意する。

 直江さんは「大きな鍋で作る相撲部屋の味を基本にしたちゃんこや食材にこだわったメニューを地元・調布の皆さんにぜひ味わってほしい。普段あまり目にすることのない『化粧まわし』を店内に飾り、番付もふすまに貼るなど相撲に触れられる空間を作っているので、料理とともに相撲の雰囲気を楽しんでいただければ」と話す。

 営業時間は、平日=17時~24時、土曜・日曜・祝日=16時~23時。