3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

調布・仙川に「い志井」系列のホルモン焼き肉店 豊富なメニュー売りに

豚風自慢の「ホルモン6種盛り」と「カルビ」 (一人前)

豚風自慢の「ホルモン6種盛り」と「カルビ」 (一人前)

  • 8

  •  

 調布の仙川商店街に3月7日、「新鮮ホルモン 豚風」仙川店(調布市仙川町3、TEL 03-6382-9991)がオープンした。

「豚風 仙川店」の店長・上月達司さん

 調布市を拠点に、ホルモン焼きの飲食店などを全国展開する「い志井」(佐須町1)の系列店として、都内に5店舗を展開するティーカンパニー(西東京市)が運営する同店。

[広告]

 調布市では「豚風 調布店」に続く2号店で、閉店した「い志井」グループ店「じゅうじゅうぼうぼう仙川店」跡に出店した。店舗面積は約15坪。席数は、カウンター席8席ほか、合わせて約35席。

 店長の上月達司さんによると、調布店で店長を務めた経験と同市の客層から、豚ホルモンの人気は変わらず高いと感じ、仙川に2店舗目を出店したという。ホルモンの種類の多さを売りにする。上月さんは「ホルモンをおいしく食べるには、内臓の血や臭みをしっかり取り除くことが大切。仕込みには時間と手間を惜しまず準備している」と話す。

 メニューは、定番、肉系、歯応え系、脂系と4つに分けたホルモン単品24種類(370円~690円)をはじめ、「白センマイ刺し」(560円)、「豚風名物 特製ねぎれば」(600円)、「ホルモン6種盛り」(1,800円)など。焼き肉はボリュームが売りという「カルビ」(790円)、「ネギ塩たん」(680円)、「サガリ(牛赤身肉)」(790円)など、一人前の分量に同業店の1.5倍の量を用意する。「ご飯もの」は、ねぎだれをのせた卵かけご飯「豚風TGK」(370円)、「東京ハヤシライス」(680円)など、オリジナルメニューと「い志井」の定番メニューをそろえる。

 ドリンクは、「生ビール」(460円)、「ハイボール」(370円)、焼酎(グラス=500円、ボトル=2,500~)、サワー(370円~)など。小学生以下の子どもを対象に、フリードリンク(100円)も用意する(以上、税別)。

 上月さんは「おいしいホルモンを食べながら、ゆっくりお酒を飲める。ファミリーでも会社帰りでも楽しめる、みなさんに喜んでいただけるような活気あるお店にしていきたい」と話す。

 営業時間は、17時~24時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home