天気予報

19

10

みん経トピックス

調布銀座に多国籍居酒屋調布で市民スポーツまつり

調布・仙川の老舗眼鏡店がリニューアル 眼鏡愛好家と地域に愛され70年

調布・仙川の老舗眼鏡店がリニューアル 眼鏡愛好家と地域に愛され70年

リニューアルした「スイス堂」店内 ©フォトグラファー大杉隼平

写真を拡大 地図を拡大

 調布市仙川の商店街にある眼鏡店「スイス堂」(調布市仙川町1、TEL 03-3308-0001)が9月9日、リニューアルオープンした。

「スイス堂」三代目店主の西根大介さん ©フォトグラファー大杉隼平

 今年創業70周年を迎えた同店は、1947(昭和22)年に主に時計を扱う店として創業。徐々に眼鏡の割合を増やし、現在は3代目の店主・西根大介さんが営んでいる。豊富な品ぞろえで眼鏡好きの客が多く来店するほか、映画の衣装提供、高齢などで眼鏡の点検に来店できない客の訪問点検、時計の販売や電池交換なども行い、地域にも愛される店となっている。

 日本ではあまり見かけないカラフルな商品や独特のデザインの眼鏡は、西根さんをはじめ、眼鏡好きなスタッフが「遊び心いっぱいの、楽しくて、面白い、夢がいっぱいのおしゃれ眼鏡を用意したい」と、時には世界最大の眼鏡の展示会が行われるフランスまで足を運んで発掘。国内では、軽くて丈夫だが加工が難しいと言われるチタンの加工技術の高さで世界的に注目されている福井県鯖江製の商品を取りそろえる。

 今回のリニューアルでのこだわりは、長年店を愛用してくれている年配の方も入りやすい空間であること。床は木材、店内中央には1930年代のアンティークの大きな木のテーブル、カウンターには鉄のフランス製アンティークを配置し、時代とともに味が出て長く使えるものを選び、新しさと古さが同居する落ち着いた空間を目指した。店舗リニューアルに合わせてロゴも変更。「先代が大切にしてきたお店を私たちが引き継ぎ、これからも地域のお客さまに末永く愛されるお店にしたい」という思いを込め、創業者が作ったロゴに戻した。

 西根さんは「これからも職人やデザイナーがこだわって作ったものを取りそろえ、お客さまに眼鏡選びを楽しんでいただきたい。創業100年まで30年、細く長く続けていきたい」と話す。

 営業時間は10時~20時。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 リノベーション住宅に特化したオンラインマーケット「cowcamo(カウカモ)」が中古マンション「LANDLIFE 調布国領」(調布市国領町7)で10月28日、「LANDLIFE 秋のあそびかた~1棟まるごと秘密基地~」を開催する。画像は、「都心も、自然も、たのしみ尽くす暮らし」をコンセプトとした「LANDLIFE 調布国領」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング