調布で衛星「かぐや」「だいち」が捉えた超高精細生データを動画上映 プロの解説・講演も

「めぐりあいJAXA 2018 -かぐやとだいちとわたしたち」©JAXA/NHK

「めぐりあいJAXA 2018 -かぐやとだいちとわたしたち」©JAXA/NHK

  •  

 調布市せんがわ劇場(調布市仙川町1)で2月17日、「ムービーダイバー~Walking in the Seabed~『めぐりあいJAXA 2018 -かぐやとだいちとわたしたち』」が開催される。

衛星「かぐや」と「だいち」 ©JAXA

 映像作家でキュレーターの澤隆志さんが、JAXAの映像作品上映とシアタートークを2部構成で展開する同企画。動画は映像作家の五島一浩さんが担当。JAXAが持つ超高精細画像を、BGMや演出を一切付けない生データ映像として上映するほか、プロの解説や最新の動向についての講演を行う。

[広告]

 第1部は、衛星「かぐや」が捉えた月面映像上映とリモート・センシング技術センターの山本彩さんによる「テクノロジーお月見:山あり谷あり穴もあり」の広報講演を行う。第2部は、衛星「だいち」が捉えた東北地方の地表の撮影画像を元にしたスクロール映像上映をメインに、宇宙航空研究開発機構の度曾英教(わたらい ひでのり)さん、リモート・センシング技術センターの向井田明さんによる「だいち最後の仕事 311を観察する」をテーマに広報講演を行う。観望の幕間には、エレクトロユニット「80KIDZ」のJUNさんがDJを務める。

 澤さんは「若者が表現を競い合うコンペの文脈の中で、無人衛星の目、表現をしない観測目線から得られた生の素材が本当に美しいので、あえてぶつけてみた。オンライン配信の時代に映画祭に何ができるのか、の提案でもある」と話す。

 開催時間は、第1部=13時~15時、第2部=15時30分~17時。入場無料。定員100人(当日先着順)。

調布経済新聞VOTE

開業1周年!シネコン「シアタス調布」であなたは映画を観ましたか?