暮らす・働く

調布の子育てカフェで幼稚園入園フェア 初回は親子200組来場

子育てカフェ「aona」で昨年行われた「調布幼稚園入園フェア」の様子

子育てカフェ「aona」で昨年行われた「調布幼稚園入園フェア」の様子

  •  

 調布駅南口の子育てカフェ「aona」(調布市布田4、TEL 050-3745-8864)で5月16日・17日、調布市内の私立幼稚園の情報を提供する「調布幼稚園入園フェア」が開催される。

約200組の親子が来場した「調布幼稚園入園フェア」

 調布市との協働で創設した、調布子育て応援ホームページ「コサイト」や会場となる同カフェを運営する「特定非営利活動法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット」が主催する同フェア。同ホームページでの取材を通じて、それぞれの幼稚園の個性や魅力を目の当たりにし、より多くの人に知ってもらいたいと企画した。初開催の昨年は、約200組の親子が来場し、各幼稚園のブースでパンフレットを受け取り、熱心に園の担当者に質問をする姿が見られるなど、盛況だった。

[広告]

 参加幼稚園は、16日は晃華学園マリアの園幼稚園、 駿河台大学第一幼稚園、調布白菊幼稚園、調布多摩川幼稚園、マルガリタ幼稚園、17日は晃華学園マリアの園幼稚園、調布若竹幼稚園、マルガリタ幼稚園。当日は園ごとにブースを用意し、資料を配布するほか、理事長、園長、副園長らが待機し、直接話をする。2時間のフェア開催中に2回ほど、同市子ども生活部から「調布の幼稚園のいま」を話し、各園によるプレゼンテーションなどの全体向けのガイダンスを予定する。

 同法人の理事長でコサイト統括編集長も務める竹中裕子さんは「幼稚園はそれぞれ教育内容に特徴があり、幼稚園選びのポイントでもある。とはいえ、全て足を運んで話を聞くのは大変なこと。フェアは複数園の話を聞くことができるチャンス。各園の様子を肌で感じていただきたい」と話す。

 開催時間は9時~11時。入場無料。予約不要で時間内は出入り自由。