見る・遊ぶ

調布で東京五輪2年前イベント スポーツ体験や花火打ち上げも

昨年のフェンシング体験イベントの様子

昨年のフェンシング体験イベントの様子

  •  
  •  

 調布・京王閣(調布市多摩川4)で7月24日、「調布サマーフェスティバル2018~東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催2年前イベント~」が開催される。

昨年、フィナーレで行われた花火の打ち上げ 

 同フェスティバルは、2年後に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、調布市で行われる競技種目を中心に、体験イベントを企画。自転車競技、車いすバスケットボール、近代五種(レーザーガン)、フェンシング、ラグビーなどの体験イベントを用意する。

[広告]

 会場では、飲食ブースの出店のほか、東京2020大会で使用するメダルを使用済み携帯電話などの小型家電から製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」のブースも用意し、不要小型電子機器を回収する。「東京五輪音頭-2020-」盆踊りも行い、フィナーレでは約5分間、約100発の花火の打ち上げも予定する。

 主催する同市産業振興課の藤田さんは「調布市でも多くの競技が行われるが、まだ実感がない方もいらっしゃると思う。イベントを通して『みんなで大会をつくり上げよう!』という気持ちを盛り上げたい」と話す。

 開催時間は、スポーツ体験=16時~17時15分、盆踊り=17時30分~19時、花火打ち上げ=19時25分~19時30分。参加無料。荒天中止。

  • はてなブックマークに追加