見る・遊ぶ

調布で「ハリウッドの大寒桜」が満開に 見上げれば淡い春の訪れ

満開を迎えた「ハリウッド大寒桜」、下から見上げた様子

満開を迎えた「ハリウッド大寒桜」、下から見上げた様子

  •  

 調布の早咲き桜として親しまれている、通称「ハリウッドの大寒桜」(調布市調布ヶ丘3)が見頃を迎え、春の訪れを優しく告げている。

「ハリウッド大寒桜」、花の様子

 この桜は、ソメイヨシノに先駆け開花する大寒桜(オオカンザクラ)で、ハリウッド化粧品が1962(昭和37)年に工場を開設する際に植えた2本。2000年の工場移転に伴い伐採も計画されたが、地元自治会や有志など、地域住民の強い要望によって保存が決定した。幹周りは約2.5メートル、樹齢は推定60年以上で、同市の保存樹木に指定されている。

[広告]

 大寒桜は、例年ソメイヨシノの開花時期まで咲き続ける。枝は横に広がって波打つように水平に伸び、花は一重の淡紅色で下向きに咲く。自転車の後ろに子どもを乗せて通り掛かった母親は、桜を見上げ「わあ、きれい」と声を上げた。枝から枝へ花蜜を求めて飛び回る、同市の鳥「メジロ」の姿も。

 今年は、2月下旬に冬から春へと三寒四温を繰り返し、3月1日前後に開花。日増しに開花は進み、現在ほぼ満開となった。ピンク色の桜の下には、近隣住民や通行人、スマホを手に撮影する人などが集まって、静かな住宅街がにぎわいを見せている。