見る・遊ぶ

調布にラグビーの名シーン描いた壁面アート W杯に向け躍動感伝える

墨絵アーティスト・茂本ヒデキチさんによる墨絵のイラスト

墨絵アーティスト・茂本ヒデキチさんによる墨絵のイラスト

  •  
  •  

 壁面アート「たづくりアスリートワンダーウォール3」が現在、調布市文化会館たづくり(調布市小島町2)で開催されている。

「たづくりアスリートワンダーウォール3」の様子

 同市文化・コミュニティ振興財団が主催し、同館1階エントランスホールに壁面アートを描き、アスリートたちにまつわる「ワンダー(驚き)」を紹介する同展。多様性と調和、未来への継承を目指した同財団独自のテーマである「100年後の君へ。」を基軸に、ラグビーワールドカップと東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けた機運醸成と文化の発信を目的とする取り組みの一環として2017(平成29)年から実施している。

[広告]

 第3回となる今回は、9月20日に開幕するラグビーW杯日本大会にちなんで、墨絵アーティスト・茂本ヒデキチさんによる墨絵のイラストを展示。ラグビーの激しさや力強さを表現した作品がスポーツの持つ躍動感を伝える。

 同展の企画担当者は「ワールドカップで日本代表が活躍し、盛り上がりの契機になれば」と話す。

 開館時間は9時~21時30分。9月24日~27日、10月28日・29日は休館。11月24日まで。

  • はてなブックマークに追加