見る・遊ぶ

調布・神代植物公園で「秋のバラフェスタ」 体験型フィールドアプリも

噴水やテラスのある「ばら園」

噴水やテラスのある「ばら園」

  •  
  •  

 秋バラの開花時季に合わせて開催する恒例の「秋のバラフェスタ」が10月8日、都立神代植物公園(調布市深大寺元町5、TEL 042-483-2300)で始まる。

美しい秋バラが咲き誇る「ばら園」と、フィールドアプリも楽しめる「大温室」

 同園の「ばら園」は世界バラ会連合優秀庭園賞を受賞したフランス式沈床庭園で、都内最大規模の1.6ヘクタールの敷地に約300品種5000余本の秋バラが栽培されている。秋バラは春バラよりもやや小ぶりだが、色彩が鮮明で美しいのが特徴。

[広告]

 期間中10月の土曜・日曜は普段より早い8時に開園し、早朝の香り高いバラを堪能できる。「園長による『ばら園ガイドツアー』」は10月27日(9時~10時)と11月2日(10時~11時)に行う(事前申し込み・各回先着25人)。誰でも自由に参加できる「ボランティアによる『ばら園ガイドツアー』」は10月12日~20日(15日を除く)に行う(10時30分~11時30分・13時30分~14時30分、ばら園カリオン前集合)。

 横浜イングリッシュガーデンでスーパーバイザーを務める河合伸志(たかし)さんの講演会「バラの品種改良とバラ園の管理」は10月14日に開催(当日先着50人、13時受け付け、13時30分~15時30分、植物会館2階集会室)。さまざまな花材で自分だけのハーバリウムを作るワークショップ「ハーバリウム体験」は22日、大温室休憩室で開催する(当日申し込み、11時~16時、作品により料金は異なる800円~・入園料別途)。

 10月16日~20日に、植物会館1階展示室でバラのディスプレーやアレンジメントを展示する「秋のバラ展」と、屋外特設展示場でミニバラの盆栽や盆景を展示する「秋のミニバラ盆栽展」をそれぞれ開催する。

 ばら園テラスでは、バラの香りに包まれながら美しい音楽を楽しむ「ばら園コンサート」を10月13日・20日・27日に開く(11時~11時30分・14時~14時30分)。飲食を提供する「バラのカフェテラス」と、バラにちなんだ小物や苗木を販売する「ロゼマルシェ」を10月5日~11月10日に営業する。

 同園では、「秋のバラフェスタ」をさらに楽しめる無料の体験型フィールドアプリ「TOKYO PARKS PLAY」を提供している。ばら園や大温室を巡りながら「バラの香りを楽しもう」や「花言葉を巡り恋愛運アップ」など子どもから大人まで挑戦できるミッションを通じて、公園の自然の中で「探す、集める、考える、知る、遊ぶ」体験をゲーム感覚で楽しめる(QRコードを読み取るか、アプリストアで「パープレ」と検索)。

 開園時間は9時30分~17時(入園は16時まで)。月曜休園(祝日の場合は翌日、「秋のバラフェスタ」開催中の休園日は10月15日・21日・28日・11月5日)。入園料は、一般=500円、65歳以上=250円、中学生=200円(都内在住在学の中学生は無料)、小学生以下無料。11月10日まで。料金の書いてないイベントは入園料のみで参加できる。ガイドツアーは荒天中止、コンサート・カフェテラス・マルシェは雨天中止。

  • はてなブックマークに追加