見る・遊ぶ

調布・都立野川公園で赤い彼岸花が見頃 例年より10日遅れで

見頃を迎えた野川公園の彼岸花、カメラマンの姿も

見頃を迎えた野川公園の彼岸花、カメラマンの姿も

  •  
  •  

 調布市、三鷹市、小金井市にまたがる都立野川公園(調布市野水)の彼岸花がようやく見頃を迎え、散策を楽しむ近隣住民や写真愛好家でにぎわっている。

一角に咲く白い彼岸花「シロバナマンジュシャゲ」

 9月に花期を迎える彼岸花は、「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」とも呼ばれ、全国各地で道端などに群生するヒガンバナ科の多年草。赤い花弁と長い茎が特徴で、その姿は鮮やかな「かがり火」を思わせる。あぜ道などに群生する様子は、秋の訪れを告げるニュースとしても取り上げられる。

[広告]

 野川公園・自然観察園には、赤い彼岸花が群生するほか、東の一角には白い彼岸花「シロバナマンジュシャゲ」も咲いている。赤花の満開時は一面が真っ赤に染まるため、園内は近隣住民やカメラマンなど、観賞に訪れる人でにぎわう。

 例年は9月上旬に開花し、彼岸の3連休には満開を迎えることが多かったが、今年は夏の猛暑に加え、9月も気温の高い日が続いた影響で、開花が遅れていた。中旬に、白花に続き、赤花がようやく開花した。「例年の開花が早かったとの意見もある」と同園の担当者は話す。

 朝晩涼しくなると咲き出し、秋の深まりを告げる季節の風物詩。ようやく訪れた秋の気配に、「毎年この季節を楽しみにしている。今年もきれいに咲いたのでうれしい」と、カメラを向ける来園客。公園の担当者は「一年の中でも来園者が多い時期。マナーを守って楽しんでいただければ。ヒガンバナ以外にも秋の草花が多く咲くので、時間に余裕を持って見に来てほしい」と話す。

 自然観察園の開園時間は9時30分~16時30分。月曜休園(祝日の場合は翌平日)。

  • はてなブックマークに追加