学ぶ・知る

調布の2書店が「ブックサンタ」参加 厳しい環境の子どもに絵本届ける

全国の書店に集まった絵本は、東京と岡山に集められ、ボランティアの手によって年齢や人数ごとに仕分けられる

全国の書店に集まった絵本は、東京と岡山に集められ、ボランティアの手によって年齢や人数ごとに仕分けられる

  •  
  •  

 絵本を届ける社会貢献プロジェクト「ブックサンタ 2019」が現在、調布市内の書店2店で行われている。

 経済的理由や病気・入院、震災被害などでクリスマスに厳しい環境に置かれている全国の子どもたちに絵本を届けるプロジェクトで、全国34都道府県282店で展開。同市内では、「リブロ 国領店」(調布市国領町3)、「パルコブックセンター調布店」(小島町1)で行われている。

[広告]

 子どもに贈りたい絵本を書店で購入し、レジで同プロジェクトに絵本を寄付することを伝えることで誰でも参加できる。絵本はプレゼント包装し、NPO「チャリティーサンタ」が派遣するボランティア・サンタクロースがクリスマスイブに事前に保護者から預かったメッセージと共に対象家庭に直接届ける。絵本の寄付以外にも、クラウドファンディングでのネット上の支援やアンバサダーも募集する。

 同プロジェクトのリーダーの清輔夏輝さんは「子どもたちが1年で最も楽しみにしている日に、皆さんが選んだ絵本を寄付という形で協力いただければ」と話す。

  12月24日まで。

  • はてなブックマークに追加