3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

府中・オンラインで楽しむプラネタリウム ビデオ会議用背景画像も

星座クイズやプラネタリウム体験ができる「府中市郷土の森博物館」のホームページ

星座クイズやプラネタリウム体験ができる「府中市郷土の森博物館」のホームページ

  •  
  •  

 新型コロナウィルス感染拡大防止のために休館中の「府中市郷土の森博物館プラネタリウム」(府中市南町6、TEL 042-368-7921)では現在、「プラネタリウム体験」や「おうちで星座クイズ」の動画配信など自宅で楽しめる企画をオンラインで提供している。

WEB会議背景用プラネタリウム画像(※画像の加工・転用・再配布は不可)

 同プラネタリウムは2018(平成30)年5月2日に全面改修し、本来なら今年の大型連休に「リニューアル2周年記念」を迎えるはずだった。しかし臨時休館が続いているため、来館できない市民のためにインターネットで参加できる企画を考え3月から発信している。

[広告]

 ユーチューブによる「プラネタリウム体験」は、月や惑星、季節の星座を360度動画で月ごとに案内する。「おうちで星座クイズ」は、春に見頃を迎える動物の星座をクイズ形式で紹介する。子どもでも楽しめる初級編から始まり、中級編、上級編を配信している。

 同館ホームページでは、ビデオ会議やオンライン飲み会で利用できる背景用画像として、「明るいプラネタリウム内」と「季節の星座絵」の2種類を提供している。まるでプラネタリウムにいるかのような演出ができると天文ファンに好評だ。

 同館天文展示コーナーで4月7日から展示開始予定だった「MY星座を作ってみよう!」の用紙をダウンロードすると、自宅でオリジナル星座のお絵かきができる。昔の人が夜空の星をつないで動物や神様や道具などを想像して星座を描いたように、星を自由につなぎ「MY星座」を作る企画。博物館が開館したら持参し、天文展示コーナーの専用ファイルに入れると展示に参加できる。

 博物館公式ツイッターでは、日々の天文現象について解説したりユニークな星座エクササイズの写真を載せたりして、天文に親しんでもらう発信を行っている。

 担当者は「外へ出掛けることが減っていると思うが、プラネタリウム体験の動画を見たり星図(星空の地図)をダウンロードしたりと少し予習をしたら、ぜひ自宅のベランダや庭から実際の夜空を見上げて」と話す。

Stay at Home