買う

調布の土産店を巡るLINEスタンプラリー 景品は総額150万円商品券

調布のおみやげLINEスタンプラリーのカード画面

調布のおみやげLINEスタンプラリーのカード画面

  • 41

  •  

 調布の土産店を巡りスタンプを集める企画が12月1日に始まった。

 調布市商工会と調布市の共催で行う同企画。スタンプを集めるアプリにはLINEを使い、原則、参加店での買い物500円ごとにスタンプを1つ入手でき、スタンプ5つを集めるごとに1口応募ができる。参加店は26店で、「深大寺あめや」の「赤駒」以外は、土産に選定された品物以外の買い物でもスタンプが手に入る。

[広告]

 土産は市民アンケートで寄せられた延べ800品の中から、2019年に30品を選出したもので、今回のスタンプラリーには、うち22品の土産を扱う店が参加する。

 応募者には市内約300店で利用できる商品券が抽選で当たり、1等は5万円分10人、2等5,000円分100人、3等2,000円分250人の合計150万円分の商品券を用意する。

 同企画を担当する調布市商工会の五十嵐さんは「地域の経済状況は厳しい。だからこそ市民参加で今回のLINEスタンプラリー企画を盛り上げたい。調布のお土産を市民の皆さんに知っていただき、少しでも消費を喚起し経済を回すことができればと考えている。多くの方の応募を心よりお待ちしている」と話す。

 実施期間は12月28日正午まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース