食べる

調布「深大にぎわいの里」におむすびスタンド テークアウト専門店として

「おむすびstand micro-cafe~はなれ~」のおむすびセット「まんさい御膳」

「おむすびstand micro-cafe~はなれ~」のおむすびセット「まんさい御膳」

  • 92

  •  

 調布市内の住宅街にあるおむすびカフェ「micro-cafe(マイクロカフェ)」のテークアウト専門店「おむすびstand micro-cafe~はなれ~」(調布市深大寺元町1、TEL 080-4112-6971)が2月27日、調布市「深大にぎわいの里」にオープンした。

「おむすびstand micro-cafe~はなれ~」オーナーの古川優孝さん(左)と店長

 新潟出身の古川優孝さんが地元の米のおいしさを伝えたいと新潟産コシヒカリのおむすびの移動販売からスタートし、2011(平成23)年に同市深大寺東町にオープンしたおむすびカフェ&ダイニング「micro-cafe(マイクロカフェ)」。毎日自家精米して炊き上げるおむすびを中心に、新潟の食材を使った料理、飲み物、スイーツなどを取りそろえ、2017(平成29)年には新潟県特産品の販売スペースを広くしたリニューアルを実施し、新潟の食や情報の発信基地をコンセプトにアンテナショップとして営業を続け、今年4月に10周年を迎える。

[広告]

 コロナ禍では、店内飲食を一時期休止し営業時間も短縮してウイルス感染予防に努めてきた。以前より行っていたテークアウト販売は盛況で、店内飲食再開後、テークアウト販売と同時並行するオペレーションに困難が生じてきたため、先が見えないウィズコロナ時代を見据え、同カフェの商業圏とかぶり既存客でも来店しやすい同地に「はなれ」としてテークアウト専門店をオープンした。

 引き続き行っている移動販売は都心を中心としていたが、リモートワークの増加を踏まえ住宅街への移動販売も開始する予定で、同店がその製造拠点としての機能も果たす。将来的には新潟の食や文化をより多くの人に伝えるべく、「テークアウト専門店と移動販売製造拠点」のパッケージを各地に増やすことも視野に入れる。 

 メニューは、「おむすび」(160円~)、「おむすび2個スープセット」(720円)、「まんさい御膳」(1,580円)、「越後もち豚角煮丼」(880円)など、カフェと共通のメニューのほか、「鮭(さけ)と鯖(さば)のほぐし身2種丼」「鶏の塩麹(こうじ)カレー焼き丼」(以上780円)など同店独自のメニューも用意し、食事以外の新潟の食も取りそろえ、小さなアンテナショップとしても営業する。

 古川さんは「提供する商品は全てカフェと同じ、主に新潟のものを使用している。地元に根付いた新潟ゆかりの店として、地元の皆さまや新潟にゆかりのある方々にご利用いただけたら」と話す。

 営業時間は9時~17時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース