調布のおむすび店が「卵かけごはん」-1日5食限定で販売開始

おむすび店「たさぶろう」が販売する1日5食限定の新商品「たまご掛けごはん」

おむすび店「たさぶろう」が販売する1日5食限定の新商品「たまご掛けごはん」

  •  

 調布のおむすび店「たさぶろう」(調布市布田3、TEL 042-442-8422)は1月24日から、1日5食限定の新商品「たまご掛けごはん」の販売を始めた。

 同商品は、しょうゆに6時間付け込んだ卵の黄身2つをカップに入れたご飯とセットにしたもの。食感を出すためポテトチップスを間に挟んだご飯は冷めても食べやすいおにぎり用のお米を使用している。価格は280円。

[広告]

 齋藤商店(福島県白河市)が経営する同店は、調布で100年以上続く米穀店「山田屋」の本店1階に2008年7月にオープンした。以前は自社で経営していたおむすび店を、社長の秋沢淳雄さんが福島で米穀店を経営する齋藤孝弘さんに出店を依頼したのがきっかけ。

 同店の佐藤さんは「黄身はしょうゆに漬けてあるため割れやすいので別のパックで提供している。召し上がる前にご飯をレンジで温めてもらえるとご飯もほぐれ、まぜやすくなるのでお勧めしたい」と話す。1日5食限定だが前日までに連絡すれば5食以上の用意と取り置きも可能だという。

 営業時間は10時30分~17時30分。日曜・祝日定休。