見る・遊ぶ

調布・深大寺の日本三大「だるま市」 「阿吽」の目入れ、限定朱印も

だるまに目入れを行う僧侶、「だるま目入れ所」で

だるまに目入れを行う僧侶、「だるま目入れ所」で

  • 104

  •  

 調布の古刹・深大寺(調布市深大寺元町5)の伝統行事「厄除元三大師(がんざんだいし)大祭 だるま市」が3月3日・4日の2日間、開かれる。

境内に立つ縁起だるま店の様子

[広告]

 同祭は2033年に開創1300年を迎える深大寺の伝統ある最大行事。「参詣者が近郊近在より群参す」と江戸時代の文献に記されるほど、古くから大勢の人々が押し寄せて境内を埋め尽くす。昨年は袈裟(けさ)をまとった高僧が列を成し練り歩く「お練り行列」が4年ぶりに再開され、コロナ禍前と同様に執り行われた。今年も「お練り行列」のほか、大師様の宝前に供物を供える「百味供養」や所願成就の大護摩供(おおごまく)が終日執り行われ、にぎわいが予想される。

 同祭に併せ立つ縁起だるま市は「東京に春を呼ぶ風物詩」としても知られる。富士、高崎と並ぶ日本三大だるま市の一つで、参道や境内には大小300以上の縁起だるま店が立ち並ぶ。元三大師堂前に設けられた「だるま目入れ所」では、参拝者が買い求めただるまに、僧侶が直々に目入れを行う。

 同寺の目入れは、だるまの目に梵字(ぼんじ)を入れるもの。梵字の目入れは、全国で深大寺のみといわれ、新しいだるまの左目に梵字の「阿(あ)」を書き入れて開眼する。参詣者が持参する心願かなっただるまの右目には「吽(うん)」を入れて寺に納める。

 朱印は、両日限定の「だるま市限定朱印」(500円)を授与する(紙の頒布のみ)。3日は元三大師の姿の入った分身札付き、4日は同じく大師の姿の入った散華が付く。

 同寺の担当者は「『七転び八起き』という言葉のように参拝者の運気が起き上がる年になるよう、僧侶一同、目入れを行いたい。コロナも落ち着きを取り戻しつつある今、多くの方に元三大師大祭・だるま市に来山いただければ」と話す。

 「だるま目入れ所」は9時~17時。「お練り行列」は、両日13時45分~(雨天時は屋内にて非公開)。護摩祈願は、9時30分~13時は約30分間隔で随時祈願、15時と15時30分の回は15分前までに申し込む。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース