見る・遊ぶ

調布市内で桜が開花 やっと春が来た、入学式は見頃に

武蔵野の森総合スポーツプラザ周辺、桜満開時の様子

武蔵野の森総合スポーツプラザ周辺、桜満開時の様子

  • 42

  •  

 東京は3月29日にソメイヨシノの開花宣言が出され、調布市内各所でも現在、開花が始まった桜が間もなく見頃を迎える。

スタジアム通り、桜のトンネルの様子

[広告]

 3月は寒の戻りが続いたため、東京は統計開始以来1位タイの早さだった昨年より15日遅れての開花となった。調布市内のソメイヨシノも徐々に開花している。

 「武蔵野の森総合スポーツプラザ」「味の素スタジアム」のある「スタジアム通り」には約300本の桜並木がある。開花時は普段以上にジョギングやウオーキングを楽しむ人が見られ、桜のトンネルは撮影スポットになっている。

 京王線多摩川駅から日活撮影所までの約1キロに140本のソメイヨシノが並ぶ「桜堤通り」や多摩川沿いの土手など、染地・多摩川周辺エリアも花見客や散策する人が見られる。

 このほか、深大寺周辺や野川沿い、都立神代植物公園・都立野川公園など、市内には桜の名所が多い。市内の桜は今後1週間ほど見頃が続くと予想され、8日・9日に予定されている市内公立小中学校の入学式に花を添える。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース