買う

調布の老舗「真光書店」、南口店閉店へ-35年の営業に幕、本店は営業

1977(昭和52)年に開店した「真光書店南口店」が7月16日に幕を閉じる。

1977(昭和52)年に開店した「真光書店南口店」が7月16日に幕を閉じる。

  •  
  •  

 調布駅南口にある「真光書店南口店」(調布市布田4 TEL 042-487-9165)が7月16日に閉店する。北口店は引き続き営業する。

真光書店で書籍購入者に無料配布している「ゲゲゲの鬼太郎」ブックカバー

 同店は、1968(昭和43)年に調布駅北口に本店を開店。その後、1977(昭和52)年に南口店を開店した。北口本店は「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげるさんがよく利用することでも知られ、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」放送時から、鬼太郎の絵が描かれたオリジナルブックカバーを無料で配布し始めるなど、地域に話題を提供してきた。東日本大震災時には味の素スタジアムに滞在する被災者に参考書や問題集も寄付した。

[広告]

 同店で専務を務める矢幡さんは「厳しい経済環境の中、閉店を決断せざるを得なかったのは非常に残念。長年、数多くのお客さまにご利用いただき心から感謝している」と話す。

  • はてなブックマークに追加