調布で自然体験学習「ちょうふ恵みフェスタ」-散策やご飯作りなど

「ちょうふ恵みフェスタ」を主催する調布青年会議所の担当メンバー(左から梶原さん、瀧柳さん、畑野さん)。

「ちょうふ恵みフェスタ」を主催する調布青年会議所の担当メンバー(左から梶原さん、瀧柳さん、畑野さん)。

  •  
  •  

 7月29日、調布のカニ山など深大寺自然広場で「家族みんなで体験!発見!ちょうふ恵みフェスタ~夏休みの自由研究これで決まり~」が開催される。調布青年会議所が主催し、調布の自然保護活動をする「ちょうふ環境市民会議」が協力する。

(会場となる「深大寺自然広場」(通称『かに山』」

 同市の自然環境の豊かさを伝えることを目的に開催。14種類の自然体験イベントを用意し、散策コースとして「深大寺・湧水コース」や「谷戸・たんぼコース」、「神代農場コース」の3つを設け、スタンプラリーも行う。各コースのスタンプ会場には、その場所の特性や歴史などが分かるパネルも設置する。

[広告]

 当日は、自然観察教室やツリークライミング、ネーチャーゲームに加え、花や竹の炭作りや、飯ごうでのご飯作り、焼きジャガイモ作り、バームクーヘン作り、丸太細工、竹細工などの手作り体験もできる。イベントごとの定員もあり、事前申し込みが必要なものもある。

 参加者には「自由研究キット」が配布され、用意するインスタントカメラで撮った写真を貼るなどして、その場でオリジナルの記録簿も作れる。

 同イベントを担当する瀧柳伸央さんは「自然を体験できる多くのイベントを用意している。参加してもらえれば、楽しみながら地形の特性や歴史などが分かるので、多くの方に申し込してもらえれば」と話す。

 定員300人。申し込みはメールもしくは専用フォームで。締め切りは7月24日。詳しくはホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加