食べる

調布・仙川に自然派ワインバー、有機野菜料理やビオワイン主力に

仙川にワインバー「kasure」がオープン。写真は、手前から時計回りに「タコとカブのカルパッチョ」(680円)、「桃とミントのサラダ仕立て」(420円)、「大葉コールスロー」(380円)、「レバーパテ」(550円)。

仙川にワインバー「kasure」がオープン。写真は、手前から時計回りに「タコとカブのカルパッチョ」(680円)、「桃とミントのサラダ仕立て」(420円)、「大葉コールスロー」(380円)、「レバーパテ」(550円)。

  •  
  •  

 調布・仙川駅近くに8月1日、自然派ワインと有機野菜にこだわったワインバー「kasure(かすれ)」(調布市仙川町1、TEL 03-3309-8839)がオープンした。

店主で、ソムリエの鈴木さんと「kasure」の店内の様子

 店舗面積は約7坪で、席数はカウンター9席とテーブル2席の計11席。店主はイタリア料理店やスペイン料理店での経験を持つソムリエの鈴木穂高さん。店名は南仏の煮込み料理「Kasle(カスレ)」の発音から取ったもので、「使い込んで風合いが出る」という意味を込めローマ字読みのスペルにした。内装も店名と同じテーマを掲げ、壁はしっくいや絵の具を塗ったキャンバスで制作、カウンターには白木や手焼きのタイルを使う。

[広告]

 メニューは季節の有機野菜を使った料理が中心で、入荷するワインに合わせ日替わりで提供する。「大葉コールスロー」(380円)、「レバーパテ」(550円)、「タコとカブのカルパッチョ」(680円)、「桃とミントのサラダ仕立て」(420円)、「穴子のスパニッシュオムレツ」(580円)など。

 ワインは世界各国から自然派のものを中心に約60種をそろえる。自然派ワインは、ビオワインとも呼ばれ、無農薬、有機栽培で育てられたブドウのみを使って作るワイン。酸化防止剤をなるべく使わないのも特徴で、ボトルワインは「オー・ボン・ピュイ コート・デュ・ローヌ ブラン」「グリューナー・ヴェルトリーナー グロッサー・サッツ」(以上3,800円)、「ユー・アー・ソー・ビューティフル」(4,800円)など。グラスワインは常時6種類で、価格は480円から。オーガニックのハーブティー(500円)なども用意する。

 鈴木さんは「オープン日は『おらほ仙川』と重なり、お祭り帰りの方がたくさん寄ってくれた。仙川は文化的でワインのニーズを感じる街。(店を出店した)通りは個人店が多く、仙川の中でも特に魅力的に感じる」と話す。

 営業時間は18時~翌2時。月曜定休(祝日の場合は翌日)。

  • はてなブックマークに追加