調布南口に「くじら整体院」-院長の身長189センチから命名

「くじら整体院」院長の山口淳史さん

「くじら整体院」院長の山口淳史さん

  • 0

  •  

 調布駅南口徒歩1分の場所に1月6日、「くじら整体院」(調布市小島町2、TEL 042-449-6291)がオープンした。

「くじら整体院」院内の様子

 調布生まれの院長・山口淳史さんは専門学校卒業後、池袋の整体院で院長を務めた後、地元で開業。「刺激を抑えた整体」を特徴とし、以前の整体院では、おなかが大きくなったことから起こる肩こりや腰痛、股関節痛で悩む妊婦のほか、夜泣きが激しかったり、便秘だったりする乳幼児などの利用も多かったという。

[広告]

 「学生時代から始め今も続けるバスケットボールでけがに悩まされていたことが、整体の道に進むきっかけとなった」と山口さん。けがをしてしまった後だけでなく、けがの予防やスポーツ後の疲労、運動能力が発達している中学生や高校生にも効果的な整体があるという。

 バスケットボールをしていた山口さんの身長は189センチ。「哺乳類で一番大きな動物は鯨。大きな体で悩める人を受け止めたい、という思いから院名を『くじら整体院』にした」と話す。

 料金は30分5,000円。現在、オープンキャンペーンとして初回のみ3,000円。営業時間は8時~19時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加