食べる

調布・キユーピーのマヨネーズ学習施設「マヨテラス」開園-卵を割ってオープン祝う

マヨテラスのオープンセレモニーで行われた「割卵式」

マヨテラスのオープンセレモニーで行われた「割卵式」

  •  
  •  

 調布の仙川キユーポート(調布市仙川町2、TEL 03-5384-7770)で6月26日、フルアテンド型マヨネーズ体験学習施設「マヨテラス」が開園し、オープニングセレモニーとして、「割卵式(かつらんしき)」が開催された。

卵のオブジェからキユーピー人形が登場

 キユーピーの代表的な商品「マヨネーズ」の主原料である卵にちなんで行われた同式典。同社は鶏卵の国内年間生産量の約10%を扱うメーカーでもあり、マヨテラス「誕生」の意を込めて、卵を割って開園を祝うセレモニーを企画した。

[広告]

 当日は、かつてこの地が工場だった時代に社会科見学で毎年訪れていた同市滝坂小学校の児童、約50人を招待。児童らの「3、2、1 キユーピー!」のかけ声と共に大きな卵のオブジェのひもが引かれると、中からキユーピーの人形と風船が飛び出した。その後、児童らはオブジェのキユーピーとおそろいのポシェットを持ち、90分の見学施設をいち早く体験した。

 社長の三宅峰三郎さんは「『愛は食卓にある』をテーマに家族のぬくもりや感謝の気持ちを食卓から感じでほしいと考えている。マヨテラスを通じて食の楽しさやおいしさを直接体験していただければ」と話す。

 土曜・日曜・祝日休館。入館料無料。施設見学は完全予約制。予約は希望日の2カ月前からインターネットと電話で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加