狛江でJICA国際協力出前講座 日本語スピーチ大会特別企画で

「第13回 外国人による日本語スピーチ大会」の様子

「第13回 外国人による日本語スピーチ大会」の様子

  • 0

  •  

 狛江市中央公民館(狛江市和泉本町1)で2月19日、「第14回 外国人による日本語スピーチ大会」が行われる。主催は狛江市国際交流協会。

高橋都彦狛江市長がオリジナルの「マルチ言語スピーチ」を披露する様子

 同協会は同市で開催する「英会話サロンこまぐりっしゅcafe」「日本の夏を知ろう&浴衣で盆踊り体験」「KIFA国際交流サロン」などのイベントに市内外の異国籍の人々を招き、文化体験を通じた交流の場を提供する活動を続けて今年で22年目を迎える。

[広告]

 同大会は、日本に在住する外国人が日本語で自由にスピーチするコンテスト。語学力の高さだけではなく、聴衆の心にどれだけ響いたかも審査の対象。同協会名誉会長の高橋都彦狛江市長が冒頭のあいさつで披露するオリジナルの「マルチ言語スピーチ」なるものが出場者の緊張を優しくほぐすことでも話題。厳正な審査に残った出場者へは最優秀賞・協会会長賞・国際ソロプチミスト東京-狛江賞・優秀賞の各賞を授与する。

 今回は特別企画として、独立行政法人国際協力機構 東京センターの協力により「JICA東京 国際協力出前講座」を同時開催。異文化理解を深めることができる特性を持った同大会を起点に、市民に国際協力活動への理解や興味を持ってもらい、自らで可能な活動を考えるきっかけづくりを目的とする。

 JICA講師の内山さんは「私自身が赴任した国々の実体験を紹介しながら、東京で生活する私たちにとっての当たり前は本当に当たり前なのか、異文化を知る・接触することの意義はなんだろう、などということを一緒に考える講座にするつもり。『国際協力ってわくわくする』と感じてもらえたらうれしい」と話す。

 開催時間は13時~16時。観覧無料。問い合わせは狛江市役所企画財政部政策室協働調整担当(TEL 03-3430-1111(内線2454))。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース