見る・遊ぶ

調布の花火、2018年の開催日発表 多摩川の秋空へ打ち上げ

「第5回映画のまち調布

「第5回映画のまち調布"夏"花火フォトコンテスト」最優秀賞 辻 正人さん作品「レインボウハナビリュージョン」

  •  

 2018年の調布市の花火大会「映画のまち調布“秋”花火2018」が10月27日に開催されることが5月16日、発表された。

「第5回映画のまち調布"夏"花火フォトコンテスト」富士フィルム賞 Taloonさん作品「打上げまで、あと1時間半。。」

 調布の地域資源を全国にPRするため、「映画のまち調布」を銘打ち展開している同市最大のイベント。例年同市の総人口を超える30万人前後の観客が来場し、市内外の住民の目を楽しませているが、昨年は台風の影響により中止となった。

[広告]

 調布市花火実行委員会の藤田さんは「昨年は当日に中止が決まり、多くの皆さまにご迷惑をお掛けしたが、たくさんの励ましのお言葉も頂き感謝している。市民の皆さまをはじめ、多くの方に安全に楽しんでもらえるよう、実行委員会一同、準備してまいりたい」と話す。

 会場は、多摩川河川敷の布田会場、京王多摩川会場、電通大グランド会場。荒天中止(延期なし)。有料席の販売は8月ごろを予定する。