食べる 見る・遊ぶ

調布に独立系プロレス団体運営のスポーツバー 希少なテキーラを取りそろえ

プロレス団体「Secret Base」の代表兼選手で「Sports Bar Secret Oasis」店長も務める清水基嗣さん

プロレス団体「Secret Base」の代表兼選手で「Sports Bar Secret Oasis」店長も務める清水基嗣さん

  •  

 調布駅近くに6月3日、「Sports Bar Secret Oasis(スポーツバーシークレットオアシス)」(調布市布田2、TEL 050-3696-8548)がオープンした。

「Sports Bar Secret Oasis」自慢のメスカル・プレミアムテキーラの数々

 調布市を拠点として活動しているプロレス団体「Secret Base(シークレットベース)」が運営する同店。2009年に結成された同団体は、小規模ながら独自に全国を回って興行を行うインディー系と呼ばれ、2014年からはほぼ毎月1回は市内で興行を行うほか、市内イベントなどに参加し、地域に根差した活動を行っている。同市はサッカー「FC東京」、バスケットボール「東京サンレーヴス」、アメリカンフットボール「リクシルディアーズ」などプロスポーツの拠点や、ラグビーワールドカップ、東京オリンピックの会場があり、スポーツの街でもあることから、プロレスだけでなくさまざまなスポーツファンが集う場を作りたいと同店をオープンした。

[広告]

 同団体の代表兼選手で店長の清水基嗣さんは、プロレスが盛んなメキシコでの修業経験を持ち、メキシコを代表する酒であるテキーラの品ぞろえに自信を持つ。リュウゼツランを主原料とするメキシコ特産の蒸留酒メスカルは、イモムシ入り、唐辛子入り、野生種と呼ばれるものなど5種類、メキシコの法定産地で特定のリュウゼツラン品種100%で製造するプレミアムテキーラを10種類以上、独自ルートで取りそろえる。

 プロレスのポスターなどがディスプレーされた店内には18席を用意。メニューはテキーラのほか、レーベンブロイ生(600円)、コロナ(700円)、コエド(800円)などビールも多数取りそろえ、ジン、ウオツカ、ウイスキー(以上500円~)、焼酎(600円)、スパークリングワイン(ボトル=3,000円)などを用意。食事は「本日のタコス」(600円)、「ケサディーヤ」(500円)、「ピリ辛ニラやっこ」(400円)、「MIXナッツ」(300円)などを用意する。

 清水さんは「今はプロレス団体のディスプレーばかりだが、少しずついろいろなスポーツを取り入れたい。プロレスは食わず嫌いの方も多いと思うので、スポーツ好きの方が集まって、プロレスも身近に感じてもらえたら」と話す。

 営業時間は17時~24時。