食べる

調布パルコ、地下1階の食品ゾーンがリニューアル 総菜に注力、シウマイ「崎陽軒」も

調布パルコの地下1階食品ゾーン「PARCO FOOD MARKET」にオープンした「グリーン・グルメ」

調布パルコの地下1階食品ゾーン「PARCO FOOD MARKET」にオープンした「グリーン・グルメ」

  •  

 調布パルコ(調布市小島町1)の地下1階食品ゾーン「PARCO FOOD MARKET」が11月22日、グランドリニューアルした。

調布パルコの地下1階食品ゾーン「PARCO FOOD MARKET」にオープンした製菓・製パン材料専門店「TOMIZ(富澤商店)」

 同施設は2015年以降、10代、主婦層、シニアまでの親子3世代に対応する「上質化」やMD・商品構成、ターゲット層の拡大を図る目的でリニューアルを進めてきた。今年は9月から3カ月にわたり、同施設のレジ客数の5割を占め、物販フロアと買い周りのベースとなっている食品ゾーンを段階的にリニューアルし完成を迎えた。

[広告]

 新店は、百貨店を中心に展開するブランド「RF1」がプロデュースする総菜のセレクトショップ「グリーン・グルメ」、手作り家庭料理の総菜と弁当「咲菜(さかな)」、2500種類以上の製菓・製パン材料専門店「TOMIZ(富澤商店)」、横浜名物のシウマイ「崎陽軒」の4店舗。そのほか、フロアの約半数以上となる15店舗が改装し、利便性の高い食品ゾーンを目指す。

 調布パルコの小野寺敏行さんは「従来の自宅でお料理をされる素材にこだわったお客さまの期待に応えながらも、できたてのお弁当や厨房で作ったばかりのお総菜など、すぐに食べられるものも取り扱いが多数ある。お仕事帰りにもお立ち寄りいただければ」と話す。

 営業時間は、1階~6階=10時~20時30分(金曜は21時まで)、地下1階フードマーケット=10時~21時、7階レストランフロア=11時~23時。

調布経済新聞VOTE

開業1周年!シネコン「シアタス調布」であなたは映画を観ましたか?