見る・遊ぶ

調布・神代植物公園で「正月開園」 新春を祝うコンサートなど

津軽三味線奏者の小山慶一さん慶宗さん兄弟(上)と箏奏者の岡戸朋子さん・佐藤昌子さん(下)

津軽三味線奏者の小山慶一さん慶宗さん兄弟(上)と箏奏者の岡戸朋子さん・佐藤昌子さん(下)

  •  
  •  

 都立神代植物公園(調布市深大寺元町5、TEL 042-483-2300)は来年1月2日・3日、「正月開園」して三味線や箏(そう)の「新春コンサート」を行う。

 同園では毎年、正月に新年を祝う飾り付けをして入場者を迎えている。中でも植物会館前広場で行う「新春コンサート」は、和楽器の音色が正月にふさわしいと好評を博している。

[広告]

 2日は、津軽三味線奏者の小山慶一さんと慶宗さん兄弟による「津軽三味線合奏の世界」。兄弟ならではの息の合った迫力ある津軽三味線が見どころ。3日は、岡戸朋子さんと佐藤昌子さんによる「箏(琴)~美しい和の調べ~」。伝統的な曲からなじみの曲まで、注目の若手演奏家による箏の合奏を届ける。コンサートは両日、11時と14時から30分間。

 12日~20日は、深大寺小学校の児童が同公園内で写生した絵画を展示する「小学生絵画展」を植物会館2階で行う。

 同園担当者によると「現在、つばき・さざんか園で江戸ツバキが開花しさまざまな花姿が見られる」という。「深大寺への初詣の折など当園にも足を運び、三味線や箏の演奏を楽しんでいただければ」とも。

 開園時間は9時30分~17時(入園は16時まで)。月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日休園。入園料は、一般=500円、65歳以上=250円、中学生=200円(都内在住・在学の場合は無料)、小学生以下無料。各イベント共に参加無料。

  • はてなブックマークに追加