見る・遊ぶ

よみうりランドで「観梅」 高齢者無料に、ジュエルミネーション期間延長で夜桜も

寒紅梅や白加賀、紅千鳥など約200本の梅が見頃を迎える「よみうりランド」

寒紅梅や白加賀、紅千鳥など約200本の梅が見頃を迎える「よみうりランド」

  •  

 調布市内在住の65歳以上の高齢者とその同居家族を無料招待するイベント「梅の季節の高齢者招待」が2月20日から、「よみうりランド」(稲城市矢野口、TEL 044-966-1111)で実施される。

約200本の梅が自生する「よみうりランド」の聖地公園

 同園内施設の聖地公園で自生する寒紅梅や白加賀、紅千鳥など約200本の梅が見頃を迎える時期に、高齢者とその家族のコミュニケーションを深めてもらうおうと毎年恒例となった同企画。遊園地入園料と高速ゴンドラ「スカイシャトル」の往復利用を無料にするほか、期間中の日曜は、同園内・太陽の広場ステージで孫と一緒に楽しんでもらえるよう、キャラクターショーなどのステージを用意する。

[広告]

 さらに今年は、47万人以上を動員する人気のイルミネーション「ジュエルミネーション」の期間を、2月17日から4月7日(一部エリアは3月3日)まで延長し、3月21日からは全長180メートルの桜並木を薄いピンク色をベースにしたカラーライトアップ「夜桜スペシャルバージョン」で演出する。

 同園の宮澤佳子さんは「毎年恒例の観梅イベント。今年は日中の梅に加えて16時からの『ジュエルミネーション』もお楽しみいただける大変お得なイベントになった。ぜひ、ご家族皆さまで朝から夜までよみうりランドをお楽しみいただきたい」と話す。

 期間中の開園時間は、平日および土曜=10時~20時、日曜=9時~20時。ジュエルミネーション開催時間は16時~20時。保険証など住所と生年月日が証明できる物を入園窓口とゴンドラ窓口で提示する。3月3日まで。