買う

調布にアメリカン衣料雑貨店 モーター系衣料雑貨などで「至福の空間に」

店主の長谷川さん(右)と店長の志村俊(さとし)さん、ハーレーと共に

店主の長谷川さん(右)と店長の志村俊(さとし)さん、ハーレーと共に

  •  

 「ORIONACE A★GARAGE(オリオンエース エーガレージ)」(調布市下石原1、TEL 042-444-0073)が、中央道調布インター近くにオープンして1カ月がたった。

モーターファンに人気のブランド「MOON EYES」のアイテムやオリジナルのグローブ

 ハーレー歴19年の店主・長谷川健司さんは、オートバイ関連の会社から2006年に独立しバイカー向けのファッションや雑貨に特化した会社を設立。三鷹に事務所を構え、オリジナルの衣類・小物などの製作・卸売販売を手掛けていた。このほど念願だったフラッグシップショップを甲州街道沿いに開店した。

[広告]

 店内中央に置かれたハーレーを囲むように、ジャケット、Tシャツ、グローブや雑貨がカラフルに並ぶ。リアルなインディアンのマネキン、アメリカのレースカーをディスプレーする。長谷川さんは「バイクはただの入り口。趣味やファッション、ライフスタイルでアメリカ好きな方のお気に入りスポットになりたい。店に広がる楽しい世界観や西海岸のガレージストアの雰囲気を感じてもらえれば」と話す。

 同社のオリジナル商品は長谷川さんが自ら企画・デザインし、「CLAY SMITH(クレイスミス)」「MOON EYES(ムーンアイズ)」など米国のモーターファンに人気のブランドと契約した。そのほか、海外から買い付けたTシャツ、アクセサリーや雑貨などが並ぶ。「機能はしっかりと、ルックスは『バイク用?』と思うファッション性の高いものが多い。ユニークでチャーミングなものを作り届けたい」と長谷川さん。

 販売商品は、黄色に目玉のバックプリントが特徴の「MOON EYESダウンジャケット」(1万9,000円)、「アメリカハーレーご当地Tシャツ」「店舗オリジナルパーカ(Champion)」(以上6,800円)、アメリカ別注のライダーのお守り「ガーディアンベル」(2,500円)など(価格は全て税別)。

 店舗横ガレージの2階には、見晴らしの良いウッドデッキを設け、誰もが使えるオープンスペースにしている。「都内近郊にはオートバイで立ち寄れる場が少ない。天気のいい日は眺めもいいので、ツーリングやお出掛けの集合・休憩場所として自由に使ってほしい」とも。

 長谷川さんは「コンセプトは、アメリカンテイスト好きのお気に入りスポット。見て知って語れる店にしたい。本屋に例えるなら立ち読み大歓迎。ぜひ立ち寄ってもらえれば。また来たいと思ってもらえるよう努力したい」と話す。

 営業時間は11時~19時。月曜定休(祝日の場合は営業)。