食べる

狛江にイートインできる弁当店 アルコール類も、地域の交流拠点目指す

青空フードコート「究極のヒレカツ」雑穀米の丼

青空フードコート「究極のヒレカツ」雑穀米の丼

  •  
  •  

 イートインもできるお弁当屋さん「青空フードコート」(狛江市中和泉3、TEL 03-5761-7673)が3月23日、松原通り田中橋交差点近くにオープンした。

「青空フードコート」店長の千葉剛史さん

 狛江市内を流れる多摩川でのイベントなどに関わり、子どもの教育事業を手がける同市内出身のオーナーが、地域の人たちが交流する場所が少ない地元に、時にはフードコートのように気軽に集まって食事をし、花見などのアウトドアやイベントなどの時にはテークアウトして、子どもから大人まで交流する拠点となる店を作りたいと同店をオープンした。

[広告]

 フードメニューは、オーナーが肉の柔らかさとソースに「とことんこだわった」という「究極のヒレカツ」や「グリルビーフ」「フライドチキン」などをそれぞれ雑穀米の「丼」、パンに挟んだ「サンド」、「単品総菜」(以上550円)から選ぶことができる。「ポテトサラダ」「枝豆」「アメリカンドック」(以上330円)などのサイドメニューも用意。イベント時やスポーツの後など、昼間からでもアルコールを飲める場にもしたいと、ソフトドリンクのほか、生ビール、ハイボール、レモンサワーなど20種類以上のアルコールを取りそろえ、14時30分以降90分飲み放題(女性=990円、男性=1,320円)も用意する。

 アットホームな雰囲気を目指した店内には16席を用意。宴会用オードブルなども販売し、デリバリーにも対応。今後は移動販売車を準備し、青空の下でピクニックイベントなどの企画も検討している。

 店長の千葉剛史さんは「近隣には飲食店があまりないので、地域の方が気軽に来店、利用できる地域に密着した店になれば」と話す。

 営業時間は、月曜~金曜=11時30分~23時、土曜=10時30分~23時、日曜=10時30分~18時。

  • はてなブックマークに追加