学ぶ・知る

JAXA調布航空宇宙センターが一般公開 航空と宇宙の研究現場を紹介

第1会場で、普段は見られない大きなファンジェットエンジン試験設備を見学する大勢の来場者(昨年の様子)

第1会場で、普段は見られない大きなファンジェットエンジン試験設備を見学する大勢の来場者(昨年の様子)

  •  
  •  

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)で航空技術を研究する唯一の拠点「調布航空宇宙センター」(調布市深大寺東町7)が4月21日、施設を公開して研究を紹介する一般公開を行う。

第2会場でJAXA職員から「複合材料」について学ぶ親子(昨年の様子)

 今年で60回目を迎える「科学技術週間」(今年は4月15日~21日)にちなんで開催される同イベント。最新の航空宇宙技術に触れることができ、子どもから大人まで楽しめると人気が高い。

[広告]

 第1会場の調布航空宇宙センター(調布市深大寺東町7)では、将来の航空機で期待される「境界層吸い込みに関する研究」を初公開する。第2会場の調布航空宇宙センター飛行場分室(三鷹市大沢6)では、災害時にヘリコプターなどの航空機をより有効に活用するためのシステム「災害対応航空技術 “D-NET”」を初公開する。

 「おもしろ体験コーナー」では、シミュレーター体験や風速計測体験などができる(両会場、先着順)。「トークショー」ではジェットエンジンや、航空宇宙の仕事と生活について話す(第1会場、中学生以上、入替制、着席150人、立見可)。

 広報担当者は「入場時に配布するガイドマップを参考に『子どもと楽しむ』『航空の研究』『宇宙の研究』『巨大設備』など、興味あるテーマを回るとよいだろう。公式サイトの『120%楽しむためのヒント』ページでモデルコースを紹介しているので参考にして」とアドバイス。「同サイトの『みてみて動画』を見てから研究者の話を聞くと2倍楽しめる」とも。

 当日は、両会場に隠れているキャラクター・ホシモを探してクイズに答えると記念品がもらえる「ホシモを探そう」を開催。隣接する研究施設「海上技術安全研究所」「電子航法研究所」「交通安全環境研究所」も一般公開し、各施設を回って「4研究所合同スタンプラリー」を集めると記念品が進呈される。

 開催時間は10時~16時(入場は15時30分まで)。入場無料。公開施設は都合により中止変更の場合あり。第1会場と第2会場の移動用に連絡バス(無料)が随時循環運行する(最終便は15時30分)。駐車場(原付・自動二輪車を含む)がないためバスなどの公共交通機関での来場推奨。

  • はてなブックマークに追加