見る・遊ぶ

「狛江・多摩川花火大会」有料席販売 2会場で「好みの鑑賞方法を」

狛江・多摩川花火大会「狛江側土手下テーブル席」の様子

狛江・多摩川花火大会「狛江側土手下テーブル席」の様子

  •  
  •  

 狛江市で8月7日に開催されるの有料席が現在、販売されている。

狛江・多摩川花火大会、打ち上げの様子

 有料席は狛江側会場と川崎側会場の2会場に用意。狛江側会場は、間近で大迫力の花火を観覧することができ、川崎側会場では花火の全体像を楽しめることから、同市では好みの鑑賞方法に応じた会場選びを呼び掛けている。

[広告]

 狛江側の狛江市多摩川緑地公園グランド横には、「狛江側土手下テーブル席」(円形テーブルと椅子4脚=1万6,000円)、「狛江側土手下ペア席」(椅子2脚=8,000円)、「狛江側土手上イス席」(椅子1脚=4,000円)を用意。川崎側の小田急線登戸駅高架下付近は、「川崎側ペア席」(パイプ椅子2脚=7,000円)と「川崎側イス席」(椅子1脚=3,500円)「をそれぞれ用意する。

 現在の販売状況は、例年人気の「狛江側土手下テーブル席」「狛江側土手下ペア席」は好評な売れ行きだが、まだ余裕がある川崎側会場も花火の煙の影響を受けにくく、きれいな花火を見ることができるため、こちらもお薦めという。

 同市観光協会事務局の小嶋諒さんは「令和になって迎える初めての夏。ぜひ有料席でゆったりと大迫力の花火を楽しんでいただき、笑顔あふれる夏の思い出をつくっていただければ」と話す。

  • はてなブックマークに追加